読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

孤独になることで初めて、相手のありがたみを深く知れる

「寂しい」
「孤独を感じる」
「みんな盛り上がってるな。自分だけひとりぼっちな気がする」
 
 
Facebookを見たり、
知人の話を聞いたりすると、
「みんな楽しそう」で「自分は孤独」だと思ってしまうことがあります。
 
 
「自分は、このままでいいのかな」
「周りの人のように、たくさんの人とつながっていたい」
 
 
そう思って、くじけそうになったりします。
 
大半の人は、
「寂しさ」や「他人との比較」から、
孤独を避けようとします。
 
 
でも、孤独を避けようとしないほうがいい。
 
なぜなら、
孤独感を解消しようとした行為をすればするほど、
ますます寂しくなるからです。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆寂しさは、人とたくさん会うことでは、紛れない
 
 
寂しさを解消するための対処法は、
たくさんの人と会うことです。
 
 
パーティー、お食事会、合コン、二次会三次会、打ち上げ、、、
 
そういった、たくさんの人がいるところに行きます。
 
そこには、たくさん人がいて、そこにいることで自分も、
「たくさんの人といる」と思えます。
 
 
でも、終わった後。。。
 
 
寂しいのです。
もっと、寂しい感じが残ります。
 
 
なぜなら、
「人とのつながり」を感じないからです。
 
大抵は、薄い、浅い、お話です。
 
または、自慢話、グチうわさ、などです。
 
 
多分、おおよそ参加した後は、
「なんだかなぁ」と思います。
 
 
これを、繰り返して行きます。
 
 
行く末は、何も残らないのです。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜
◆寂しさの根本的な解消は、心つながった人との関係性だけ
 
 
本当に寂しさを解消するためには、
人との心のつながりが必要です。
 
 
数は、ここでは全く関係ありません。
 
 
究極、ひとりいればオッケーです。
 
 
心つながった人、
言い換えると運命の人との関係性があれば、
その他大勢の人と繋がろうとする必要を感じません。
 
なぜなら、
どんなことがあっても、
その人との関係性を心で感じられるからです。
 
 
ひとりでいても、
ひとりではないのです。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆孤独の時間は、勉強するための時間
 
 
勉強は、ひとりにならないとできません。
 
 
ましてや、お食事会で大勢でいる時に、
勉強はできないのです。
 
 
「いや、お食事会やパーティーでも、人から学べますよ」
という反論が来ます。
 
 
それは、「深さが圧倒的に違う」のです
 
 
本質的に自分を深めるには、
ひとりになって勉強することです。
 
 
話がつまらない会に行く間に、
本を読み、映画を観、自然に触れる時間を持つことです。
 
 
これだけで、
魅力が全然違ってきます。
 
 
雰囲気が変わります。
品格が備わります。
 
 
大勢でいすぎることのデメリットは、
品格がなくなることです。
 
 
そして、寂しさを余計に感じることです。
 
 
ひとりの時間を持っている人は、
雰囲気に寂しさを感じません。
 
 
まず、孤独の時間を大切にする意識を持つことです。
 
 
ひとりの時間になって初めて、
相手のありがたみをしみじみと感じることができるのです。
 
 
 
ではまた今度。
広告を非表示にする

あらゆる悩みの原因は、相手を間違っているから

「こんなに好きなのに相手はこちらに対して思いがない」
「どうして相手と付き合えないんだろう」
「自分は好きなのに相手はピンと来ていない」
 
恋愛では、どんなに頑張っても
うまくいかないときはいきません。
 
それで、
うまくいかない原因を考えた時。
 
周りの人の話をたくさん聞く中で、
1つ、「うまくいかない原因」でわかったことがあります。
 
それは、
 
「相手を間違っているから」
 
この、一言に尽きます。
 
 
ここがわかっていないと、相当悩みます。
 
あらゆる恋愛の悩みは、
たぶん、相手を間違っているから起きています。
 
〜〜〜〜〜〜
◆「頑張る」という必要性は、本来無い
 
神様は、「そっちではいけないよ」ということを教えるために、
わざとうまくいかせないようにします。
 
うまくいかないのは、
間違っているからです。
 
もっと言うと、
相手も自分も、
いくべき別の道があるのです。
 
もし、ゴリ押しでうまくいってしまったら、
本来行くべき道を閉ざしてしまいます。
 
本当は、別の道で人と出会い、
人をハッピーにする道があるのです。
 
もし、「なんだかうまくいかないことが続くなぁ」と思ったら、
それは、自分の頭とか考えだけで決めようとしているからです。
 
 
もっと、自然にしていることです。
 
普通にしていることです。
 
「頑張る」という意識を、やめることです。
 
 
なぜなら、悩むからです。
 
余計な悩みは、無理しないことで解消します。
 
〜〜〜〜〜〜
◆さっさと、次に行こう
 
 
悩みは、選択肢を増やすことで解決します。
 
選択肢が少ない時、
人は悩みます。
 
 
「第一志望に就職できなかったら終わりだ」
「正社員になれないと終わりだ」
 
これは「就職」とか「正社員」という選択肢にこだわりすぎです。
もっと、いくらでも道はあります。
 
ただ、動いてないだけです。
 
 
「あの人と付き合えなかったらどうしよう」
「どんな手を使ってもあの人と付き合いたい」
 
これも、1人だけを対象にしているから悩んでいます。
けっこう必死です。
そんな余裕のない人は、あまり魅力的ではありません。
 
 
解決策は、いろんな選択肢を自分で作り出すことです。
 
「あれがダメならこれで」
「この人がだめならあの人へ」
 
どんどん、動けばいいのです。
 
動いている時、
人間は悩みません。
 
どちらかというと、
テンションが上がります。
 
生き生きとしていて、
悩んでる感はありません。
 
うまくいかなかったら、
ずるずると落ち込むよりも、
さっさと次に行くことです。
 
〜〜〜〜〜〜
◆全ての悩みは、相手を間違っているから起きている
 
悩みは、お知らせです。
 
「あなた、それ、間違ってるよ」
 
そのまま進んでしまったら、
もっと間違ってしまうから、
早い段階で「うまくいかない」という結果を与えてくれているのです。
 
それを、素直に受け入れる余裕を持つことです。
 
そして、もっと別の選択肢を探せばいい。
 
自分が最も輝くために、
全てがあると思えばいいのです。
 
 
 ではまた今度。
広告を非表示にする