日々の気づき 〜仕事・お金・人間関係〜

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

自分をスゴそうに見せることの、さじ加減

人は、行列ができている店を信用する。

人気そうな店は、安心できる。

 

 

例えば、ラーメン屋に行列ができているだけで『えっ、なになにそんなに美味しいの?』

と思って行きたくなったりする。


一方で、誰も列におらず、閑古鳥が鳴く雰囲気があると、行きたいと思わない。


人間はどうしても、『人気なもの』『人が集まっている所』『見た感じすごそうなもの』を評価し、寄り集まる傾向がある。
(自分自身も当然そうだ)


では、『実績も・人脈も・知名度も・大きな結果も・信頼も・・・』
何も無い人はどうすればいいだろう。。。

その答えは、ラーメン屋で例えた文脈で考えれば『行列ができている感じ』を見せること。

言い換えると『人気(実績)がある雰囲気を出す』とか『結果をわかりやすく見せる』ことが最も有効で簡単な方法となる。

つまり、『何も無い』状態の時は、なんとかして『すごそうな人』を演出していく必要があると思う。


嘘はいけない。
嘘は、良ろしくない。
なんでもありになってしまうと、究極、詐欺になる。

詐欺にまで行かなくても、
すごそうに見せて、『盛る』行為をしたとしてもやりすぎは自分の首を絞めることになる。

『あれ、この人最初はすごいと思ってたけど、大したことないかも・・・』

こうなってしまう。

最初の印象が強いほど、後の『がっかり感』の落差は大きくなる。


『行列のできるラーメン、並んで食べて見たけど、イマイチだった』

その人は、2度と行かなくなる。
マイナスの口コミに繋がるかもしれない。

・月商0000万円!
・000賞を受賞!
・000で1位!

自分のことを『盛る』時は、長い目で見て戦略的に。ほどほどに。

本質的な実力が、やっぱり最重要。

広告を非表示にする

自慢していいことは、一つもない

自分の魅力とか実績は、自分から人に言う必要はない。

 

例えば合コン・男女の飲み会・パーティーで、、、

女性から顰蹙を買ってしまう男性は
『自慢する人』だ。

一方で、男性から顰蹙を買う女性は
『自慢する人』


つまり、同じ。

 

『自分のことを自分ですごいとかいう人』だ。

 

モテない人の心理的構造の典型例として


『私は東大卒なのになんでモテないんだ』という人がいる。

 

答え・・・

 

「そんなこと言ってるからモテないんだよ」

 

このことに、言っている本人は気付いてない。

 


もし、自分のことを自分で言い始めたり、

過去の実績にすがっている心持ちが自分にあるとするならば、

それは下り坂の兆候の可能性がある。

 

SNS上の戦略として、実績や評価を宣伝として戦略的に言う必要がある場合もある)

 


イチローが、自分の実績を自慢する姿を想像したくは無いはずだ。

そんなの、かっこ悪い。

イチローが『俺もムカシはたくさん打ってたよ。すごい奴だったよ』

と飲み屋で言いふらしていたら、切ないですよ。

イチローは、こんなことするなんて、まず無い)

 

ところが世間では、自分のことを人に言って回る人がごまんといる。

 

 

自分で自分の実績や結果を言う必要は無い、

あらゆる場面でほとんど無い。


もし、会社を経営しているなら、黙って利益を出していれば良い。

 

自分が自分の努力を一番見ている。それを信じればいい。

 

上質な心持ちとは、品のあることだ。

 

品とは、自分のことを人にわざわざ言わないことだ。

 

人間は、そんなにバカでは無い。

本質を見抜く感性が、誰にでもある。

 

高貴な気持ちで黙々とやれることをやる。

あとは、世間が、お客さんが、市場が、友達が、自分を適切なところに運んでくれるだけだ。

広告を非表示にする