日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

人間関係

自信がない人が、自信を持てるようになる1つの方法

結論から言うと、 「仕事を通して、どん底経験をする」 これが、自信を持つ方法として、かなり有効な方法です。 もっと具体的に言うと、 「とてつもないクレーム体験をする」 「ありえない次元の、きついお客様対応をする」 「裏切られる、騙される、突然消…

孤独になることで初めて、相手のありがたみを深く知れる

「寂しい」 「孤独を感じる」 「みんな盛り上がってるな。自分だけひとりぼっちな気がする」 Facebookを見たり、 知人の話を聞いたりすると、 「みんな楽しそう」で「自分は孤独」だと思ってしまうことがあります。 「自分は、このままでいいのかな」 「周り…

人は、見た目が100%

今回のテーマ・結論、それから言います。 「見た目は100%大切だ」これが答えです。 〜〜〜〜〜〜 「人は見た目が9割」 このタイトルの本はベストセラーになりました。 『見た目が大切よね』 人はみんな、少なからず「見た目」を気にしている。 それを、象徴…

どうしてもつらい時、思い浮かぶ3通りの人

嫌なことが重なってとてもつらい状況になった時。 絶望的な気分になった時。 孤独感におそわれた時。 そういう、精神的につらい時。 なぜか「人」を求めます。 自分ひとりではつらい時、 必要なのは「人」です。 人が追い詰められた時に、 バランスを取るた…

「出世」するための2つの要因

出世するためには、 「実力」と「機会」が必要です。 ここでいう、「実力」と「機会」とはなにか。 〜〜〜 ・「実力」とは 文字通り、能力とか資質です。 仕事で言えば、実務遂行力、営業力、交渉力、分析力、プレゼン力など、 仕事において発揮すると評価さ…

仕事と人間関係で、悩まない人はいない

悩みは、どんな職業の人も、どの年齢になっても、訪れます。 それは、すべての人がそうです。 アイドルも、お笑い芸人も、アーティストも、みんな悩みます。 僕も、悩みます。 今考えてみたらなんてことないことでも、 悩んでいるときはけっこう真剣です。 …

他人の目を気にしている時に、知っておくべき2つのこと

なにかをやろうとするとき。 肯定する人もいれば、 否定する人もいます。 どんなことであっても、 それを良いと思う人もいれば、 受け入れない人もいます。 すべてのことが、そうです。 そして、そういう世界で自分は、 どのように選択をしていくか。 ここに…

叱られるのは、見込みがあるから

この人には見込みがないと思っている人に対して、 叱ることはありません。 「自分とは関係ない」と思っている人を、 叱ることはありません。 そういう人に対しては、 適当に優しくします。 叱ることで嫌われたり、嫌な思いをさせて逆恨みされるくらいなら、…

コミュニケーションが増えると、離職率が低下する

職場において、 コミュニケーションの量がいかに大事かを感じます。 おおよそ、離職する人の傾向として、 コミュニケーションがうまくいかなくなったことが原因であるようです。 言い換えると、 コミュニケーションが無いためにその場にいることができなくな…

他人の目を気にしても、相手は関心なんて持っていない

いままで会社に数年いた中で、 様々な人が離職していきました。 その中で感じた一つのこと。 それは、離職する人に対して、 残る人は淡白だな(無関心だな)ということです。 〜〜〜〜〜 ◆辞める人に対して、周りはそんなに関心を持っていない 会社を辞める…

「わかってほしい」と思うのは、その相手が大切な人だから

自分にとって大切な人に対して、 ときに苛立ったり、モヤモヤしたりします。 『こんなに近しいのに、なんでわからないんだろう』 『これが伝わらないのか。なんでなんだろう』 近しいから、わかってくれると思っていた。 でも、そうはいかなかった。 この時…

「みんな」を大切にする人は、ひとりも大切にできない

「たくさん友達がいる」 「みんなと仲良し」 「人と会う予定でいっぱい」 こういった、大勢の人と関わりを持つことに意識が向いている時。 きっと、ひとりも大切にできていないです。 たくさん人を、大切にすることなんてできるわけないからです。 〜〜〜〜…

楽しそうに話す姿が見たいから、聞く

久々に、父親と話す時間が取れたので話しました。 むかし、父親が住んでいた時の話になりました。 どういうところに住んでいて、 どんなことをして遊んで、 どこに行って、 あんなことやこんなことがあって…… 昔を思い出しながら、父親は話をします。 その流…

自慢するのは、自分の優位性を感じたいから

自慢する心理の根本には、「自分を素晴らしく見せたい」思いがあります。もっと言うと、「周りの人より優位に立ちたい」思いです。自分を、すごい存在であると思いたい。劣っているとは思いたくない。だから、自慢という形を取る。これは、つらい状態です。…

目の前に居る人を、大切にするだけでいい

今まで繋がっていた関係の人が離れていった。 疎遠になった。 会わなくなった。 今までの人間関係が失われていく時、 それをマイナスに考えてしまうことがあります。 長い間、共に時間を過ごしてきた人。 数少ない親友。 なんでも話せる人。 そういう関係性…

聞き上手は「でも」「だけど」「違う」と言わない

話し手側が話をやめたくなる、聞き手のワードは「でも」「だけど」「違う」です。 逆説、反対意見、否定。 これを多用する人と、話したいとはなかなか思えません。 〜〜〜〜〜 ◆話し手は、肯定されたい まず、話し手側として、肯定されたい気持ちがあります…

人といる時に感じる孤独感は、ひとりでいる時の孤独感より大きい

孤独感や寂しさは、普通、ひとりでいる時に感じます。 会話する相手がいない。 ご飯を食べる相手がいない。 一緒に出かける相手がいない。 これは、ひとりでいる時に味わう孤独感です。 この「ひとりでいる時の孤独感」より大きいものがあります。 それは、…

ネット上の繋がりがあることと、リアル世界の人との繋がりは、別もの

ツイッターのフォロワー数、フェイスブックの友達の数、「いいね」やコメントの数、各SNSのつながり数、…etc人間関係において、ネット上の「数」「反応」「ひと」を気にしている時、それが本当に大切なものなのか考えてみた方がいい。そう感じたのは、現実(…

おかげさまで今の自分がいる、と「言う側」になる

「あなたがいるおかげで、今の自分がいます」と言われたら嬉しいです。人からは「あなたのおかげで」と言われたい思いがあります。でも、「言われたい側」に意識が向きすぎると、自分の周りにいる「おかげさま」の存在に気づけなくなります。「おかげさまで…

「他人より劣っている感じ」を解消する、3つの方法

「今の自分でいいのだろうか」 「周りの人より自分はダメだ」 「こんな自分に価値があるのだろうか」 そんな劣等感(自分は劣っていると感じている状態)を持ったままでは、清々しい気持ちにはなれません。 今回は、劣等感を解消するための具体策を考えます…

話しかけてくれる人に、好感を抱く

今朝、スタバ(スターバックスコーヒー)に行った時の店員さんが素晴らしかった。レジで応対してくれたその人は、新人さんでした。業務は慣れていない感じで、そばにいるベテランさんにサポートされながら仕事をこなしていました。その新人店員さんがレジで…

男は女性の言葉を、言葉通り受け取ってしまう

女性が言う言葉を、男性側は言葉そのままに受け取りがちです。 「もう別れる!」 「もう、死ぬから!」など。 男側としては、女性からのこういった言葉を聞くと、それを本気で受け取ってしまいがちです。 「お前がそういうならこっちだって!」 「そうか、よ…

「自分が自分でいることを許してくれる人」の存在は、あらゆる悩みを解決する

自分が自分でいられる、と思える人がいることは幸せです。 人といるとき変に、無理をしたり、かっこつけたり、我慢したりしなくていい。こんな幸せはありません。逆に、自分が自分でいられないとつらいです。あらゆる悩みは、自分が自分でいられないことにあ…

悲しみの中にいる時、明るく来られると切ない

なにか悲しいことがあって、つらい気持ちでいるとき。 そんなとき人が、こちらに明るく来られると、なんとも言えないもどかしい気持ちを味わいます。 相手は、こちらの気持ちを知らないまま、いつものように明るく来る。相手はこちらの気持ちを知る由もない…

「この人はわかってくれない」とわかった時、最も切ない

自分の気持ちを相手が理解しないとわかった時、切ないです。 「気持ちを理解されない」 これはお互いに存在する問題ですが、やはり、相手にそれを感じた時は切ない。 「理解されないんだな」という事実を前に、目の前の人と気持ちを共有し得ないことの悲しみ…

ぽつんとひとりでいる人に話しかける人は、優しい

小学校の頃、席替えとか、班決めとか、いろんなイベントがありました。 そこには、ある問題があります。 「ぽつんとひとりになる人が出てくる」ことです。 これは小学生だけではなく、学生でも大人でも。 初対面の会とかアウェーの場など、どこにでもありま…

出会う方法は、「出会おうとしない」こと

「出会いたい」と思った時。 すぐ浮かぶのは「出会うための行動をする」です。 「合コン」「パーティー」「飲み会」「二次会」「紹介」・・・ でも、これでは出会えない。 そう、思っています。 今までの出会いを振り返ってみて、 「出会おうとした」ときに…

好きなものに出会っている人は、落ち着いている

「好きなこと」に出会っていると、その他の余計なことをしなくなります。 「好きな人」に出会っていると、その他大勢といることを選ばなくなります。 好きなものに出会ってしまうと、その「好きなもの」を中心に人生を組み立てていくから、自然と余計なこと…

文章は、タイトルが9割

「人は見た目が9割」 これは文章でもやはり、当てはまると感じています。 じぶんが読む時は、タイトルで決めている。 なぜ、タイトルで決めるか。 •時間がないから •自分に興味あるものしか読まないから この2点です。 〜〜〜〜〜〜〜〜 ◆予選、それがタイ…

声を掛けた時に口角を上げる相手は、思いやりがある

仕事で、用事がある時に声を掛けた時の反応で気づいたことがあります。 それは、声を掛けた時に相手の反応として「口角を上げる人」と「表情が変わらない人」がいる、ということです。 〜〜〜〜〜〜〜〜 ◆声を掛けた時にわざわざ、いい表情を作ってくれる人…

クレームを出して去ったお客さんは、本当はもう一度戻って来たい

仕事でこんなことがありました。あるお客さんの話です。そのお客さんは、一度、取引がありました。しかし、注文いただいた商品の納期が指定日時より遅延したために、キャンセルになった方でした。「納期の指定をしたから、その日は準備しておいた。それなの…

「尊敬する人」と「反面教師」 を、使い分ける

身近な人で、「この人は残念」という人、また「この人スゴい」という人がいます。 この「残念だと思う」と「尊敬する」の二つを使えば、出会うすべての人の意味が変わります。 〜〜〜〜〜〜〜〜 ◆「なんだこの人は」と感じる人も、学びにできる 仕事をしてい…

即答は、感じがいい

何かのスケジュールを合わせようとした時に、感じのいい人と感じの悪い人の二通りがいます。今回は、「出欠確認のときに人間が出る」という話です。〜〜〜〜〜〜〜◆幹事になったことのある人が、知っていること幹事になったことのある人はご承知と思いますが…

リーダーは、場の雰囲気を良くすること

雰囲気を守るのは、リーダーの仕事です。雰囲気を悪くしたら、チームの各員がよくない方向に進んでしまいます。リーダーは、雰囲気を保つことです。〜〜〜〜〜〜〜〜◆ピリピリした雰囲気は、チーム全体の生産性を下げる上に立つ立場の人で以前、ピリピリした…

表現する自由を、手放してはいけない

•なにかに批判されたり、否定されたりして、嫌になった •失敗して、痛い目にあった。恥ずかしい思いをした •認められず、見てもらえず、わかってもらえず、自分を信じられなくなった •周りの人からの風当たりが強くて、つらくなってしまった 、、、等。 「な…

人は、「人の役に立てること」が嬉しい

•相手の喜ぶ顔が見たい •自分が与えたものによって、相手にいい影響を与えたい •相手の役に立ちたい これは、自然な感情です。この感情を人は誰でも持っていると意識していると、いろんなことがうまくいきそうです。 〜〜〜〜〜〜〜 ◆人は、「役に立てた人」…

自分の選択を、人に渡さない

周りの目を気にしてしまって、一歩踏み出すことができなかったり、遠慮したりしてしまうことがあります。 その原因は、「周りになんて思われるかわからない」「周りが気になる。どうしよう」と思ってしまうからです。 根本にあるのは、「周りの目が怖い」と…

「魅力」とは、カッコつけないこと

「魅力」というと、スタイルがいいとか、見た目が美しいとか、そういう要素に目が行きがちです。 でも、もっと魅力的なのは「カッコつけないこと」です。 〜〜〜〜〜〜〜 ◆「どうだ!」という姿勢でこられると、疲れる 見た目がキレイで、ピンと背筋を張らせ…

「出会い」が訪れる人、訪れない人

「出会いがない」というとき。 出会いを求める際、たくさんの会に参加したり、不特定多数の人に会いに行ったり、紹介を求めたり。 「人に会いに行く行動」を取りがちです。 でも、この方向性では、良い出会いはきっと訪れません。 出会ってもおそらく、不満…

バレンタインから学んだ、「嬉しい」チョコと「残念」なチョコ

父親が嬉しそうな顔をして、 チョコレートを持って眺めていました。 「ほら見ろ、この手作りチョコ。 姉の孫が自分にといって、手作りのチョコをくれたんぞ」 5歳ほどの子供が手書きで、 「いつもお菓子を持ってきてくれてありがとう。また来てね。00おじ…

裏切ることの、コストは大きい

たとえば人と会う約束があった時に、ドタキャンする人がいます。 「参加するとは言ったけど、やっぱり行きたくないからやめよう」 「気分的に乗らないし、気が重いからやめておこう」 「メンバーが微妙だし、やっぱりやめておこう」 ドタキャンする理由は、…

笑顔でいることは、あらゆる人間の実力を表す

会社の他部署に、いつも微笑んでいる人がいます。その人は、どんな時も、表情が微笑みを含んでいるのです。これ、すごいなといつも思います。〜〜〜〜〜〜〜◆ムッとした表情は、不安を煽るムッとした表情の人を見たら、その人に近付きにくいです。怒られそう…

自分が自分であることを「それでもいい」と思ってくれる人は、最大の価値

自分という人間を「それでもいい」と思ってくれている人がいると実感できていれば、胸を張って生きていけます。 たとえそれが、ひとりであってもです。 そういう人がいたら、大切にすることです。 そういう関係性を持つことで、人生が明らかに違ってきます。…

面倒なことには、関わらない•近付かない

人との関わりにおいて、面倒なことを完全に避ける方法は、ありません。 でも、面倒なことを、できるだけ避ける方法はあります。 それは、面倒な人に「関わらない」「近付かない」ことです。 〜〜〜〜〜〜〜〜 ◆泥沼から抜け出すより、泥沼に近付かないように…

仲間はずれにされたら、無駄な時間を過ごさなくてよくなったと思えばいい

ある本を読んでいて、高校生の相談がありました。 「学校で仲間はずれにされたのですが、どうすればいいのでしょうか」 これに対して著者の答えが素晴らしかった。 「よかったね。仲間はずれにされたなら、無駄な時間を過ごさなくてよくなったじゃない」 こ…

書く内容に困ったら、「大切な人」に向けて書けばいい

何を書くか迷った時、間違いのない方向性は、 「大切な人」を1人、浮かべて書くことです。 それだけで、いくらでも書くことが浮かんできます。 〜〜〜〜〜〜〜〜 ◆「大切な人」を、忘れない 人間はなにかの目的を持っている時、 やる気や元気が湧いてきます…

「相手を先に、自分を後に」を、日常でやってみる

「相手を優先する」 「自分のことを後にして、相手のことを先に考える」 自分に言い聞かせる意味でも、箇条書きしてみます。 〜〜〜〜〜〜〜〜 ◆日常 行きかう人の、前を通らずに後ろを通る。 電車で一目散に席に座りに行くのではなく、相手に譲る。 レジで…

「意味」「メリット」先行は、いやらしい

「それをして、どういう意味があるんですか」 仕事を頼んだ相手からこう言われたら、頼みたくなくなります。 「あなたと付き合うとどういうメリットがありますか」 もし、いざ付き合う人からそう言われたとしたら、付き合いたくなくなります。 「意味」「メ…

批判するのは、作り手ではないから

なにかの作品に対して、 「あそこがダメ。ここがダメ」とダメなところばかり言う人は、作り手側の立場がわかっていません。 映画、本、料理、文章、あらゆる作品に対して、「ダメなところ」を見ていると、「作り手側の手間」を忘れてしまいます。 〜〜〜〜〜…

感情の起伏を一定に保つと、年収が上がる

感情を一定以上に保てる人には安心します。逆に、感情が大幅に揺れ動くところを見ると、引いてしまいます。 感情の起伏があまりに激しいと、怖くなります。普段の姿がけっこう明るかったり、とてもにこやかだったりする人だとなおさらです。 一定ラインより…