日々の気づき 〜仕事・お金・人間関係〜

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

落ち込みから抜け出すための考え方

「なんてわたしはダメなんだ」
「いまのじぶんって終わってる」
「この先おれどうなるんだ」


そんなふうに自分自身の今の状態を、
否定したり、疑ったり、不安に思ったりしすぎない方がいいです。

理由は、暗い気持ちになるから。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

暗い気持ちにいる間は、
エネルギーを消耗します。

そんな時間を増やしてしまったら、
人生のエネルギーが消耗してしまいます。

自己否定の時間は実感として、つらいものがあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それから、自分自身が消耗してしまったら、
周りの人に対して笑顔でいられなくなります。

周りに、心配をかけてしまうんです。

暗い気持ちでいるあなたに、近寄りにくくもなります。

〜〜〜〜〜〜

ひとはひとに、幸せな気分を提供していくのが
正しい道です。


そのためには、心を上向きにしていること。

自分が明るくしていることは、周りの大切な人に対する誠意です。

言い換えると、思いやりです。


どんなにつらいことがあったとしても、
それを不幸の理由にしないこと。

それが、思いやりのある生き方ではないでしょうか。

 

「強いから落ち込まないんでしょ。」

 

そうではありません。

 

「強さ」よりも「相手への思いやり」を考えるから、

自分を必要以上に落ち込ませてはいられないんです。

 


だから、エネルギーは不幸の材料ではなく、
自分を肯定する材料として使うべきです。


〜〜〜〜〜〜


「反省」は大事です。
でも、自己否定しすぎないでいい。


ひとは、笑顔が好きなんです。

相手の笑顔で、救われることがあるんです。

 

落ち込みから抜け出すことの意味は

大切な人を元気にするためです。

 

 

ではまた今度。

広告を非表示にする