読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

ホテルの朝食は、ホテルの本気度を表す

ハイクラスのホテルに泊まった時はぜひ、朝食をホテルでとることをおすすめします。
 
 
なぜなら、ホテルの朝食は、ホテルの本気度が表れるからです。
 
 
〜〜〜〜〜〜
 
ホテルを経験する最も安価な方法は、平日のランチタイムに行くことです。
 
 
平日のランチタイムは、ホテルで最も安い価格で楽しめます。
 
 
価格の安いランチタイムを設けることで、
ホテルをお客さんに経験してもらうためです。
 
 
 
ランチタイムは垣根が低い分、
普段は利用しないような、多くのお客さんが来ます。
 
 
だから、ホテル側もその対象に合わせてサービスをします。
メニューも若干、客引き要素があります。
 
 
〜〜〜〜〜〜
 
一方で朝食は、意味合いが違います。
 
 
朝食を利用される人は少なくとも、そのホテルを宿泊利用しています。
 
 
また、朝食はランチタイムよりも価格設定が高いです。
 
 
だから朝食は、顧客対象が、客寄せのためではないのです。
 
 
つまり、ホテルの「素」が経験できるのです。
 
 
朝食時の
「接客サービス、メニュー、雰囲気」が、そのホテルの実力を語ると言ってもいい。
 
※素晴らしいホテルは例外なく、メニューが充実していて美味しい。
 
 
また、客層を見るだけでも、違う世界を経験できて勉強になります。
 
 
だから朝食は、多少高額でも、
体験する価値があります。
 
 
ぜひ、試してみてください。
 
 
 
ではまた今度。
広告を非表示にする