watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

スマホで年賀状 ってどうなの

スマホから年賀状が送れるという大々的な広告が貼ってあった。
 
スマホで年賀状って、意味あるのですか?
 
年賀状は、手書きというプロセスを残して欲しいです。
 
今まで来た年賀状で、最も味気なく感じたのは、手書きゼロで100%プリントしたものでした。
 
あらゆる人にこれと同じものを送っているのではないか、と感じました。
これだったら、もらわないほうがいいとさえ感じた記憶があります。
 
100%プリントの年賀状を送るくらいなら、
メールでいいのではないですか、という。
  
ぼくは、そう思います。
 
贈り物で最も心に残るのは、「手書き」があることです。
 
今まで頂いた手書きメッセージや手紙は、今も捨てずにとっています。
 
それだけ、嬉しいからです。
気持ちが伝わるからです。
 
プリントして年賀状を送る行為は、
「手書き」という最高の喜びをなくしてしまう気がします。
 
 
手書きはそれだけ、もらった側は嬉しい。
 
その喜びを、消してしまいたくない。
手書きは、ぼくにとって宝物です。
 
ではまた今度。
 
 
 
広告を非表示にする