読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

「経営者」だった父親から学んだ、たった一つのこと

10年以上前の遠い昔のことです。
父親が経営していたお店を、
金銭的な事情によって閉店することになりました。

お店は10年以上続けていたのですが、
どうも続けられなくなったために閉めることを父親が決断。

経営者とはいっても、規模は小さく店はひとりで切り盛りしてきたために、借金もなく、後を濁さずに閉店となりました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・・・年を経て
自分も社会に出て仕事をするようになり。


自分で店を持ち経営してきた父親に対して
そのとき「最も悩んだこと・大変だったことはなにか」と聞きました。


『資金繰り』だな。


これが、答えでした。
具体的にはこういうことです。

「どんなに売上がなくても、固定の経費はかかるし、家賃代も仕入代もいるし、時間が経つごとにお金がだんだん減っていくこと。これには相当悩んだな。いつも、支払いのことばかりが頭から離れなかった」


これは、経営する当事者(父親自身)ならではの、強い体験だったようです。

時間が経つごとに、毎月お金がなくなっていくこと。
これほど、人を不安にさせ、悩ませることはないのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
逆に言うと、
「毎月収入がある」こと。

これは、精神的に最も安定する重要な要素の一つだともわかりました。


経営する当事者として資金繰りの経験がない自分はおそらく、その恐怖感や切迫感をおそらく完全には理解していませんが。


「毎月の収入があること」

これをまず確保することは個人事業をする上で、最も大切なことなのだとわかりました。

それから、いま、会社に従事しているならば、その状態は大変貴重でもあることだともわかりました。


これは、大きな学びです。

 

※追伸:父親はもちろん、今も普通に元気です。

 

ではまた今度。

広告を非表示にする