watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

人の、ありがたみ

『ゼロ』 堀江貴文 著  

読みました。

 

「孤独を通して初めて、人の本当のありがたみがわかる」


この本を読んで、そう感じました。

〜〜〜〜〜〜

堀江さんが独房に収監中、
ライブドア社員からの色紙を渡されて号泣した場面があります。


閉じ込められた世界に長く居た時。
孤独に押しつぶされそうな時に、
元社員からの手書きメッセージを受け取ったのでした。


そして
「すべてを失ったつもりでいたけど、何も失っていない。
 僕にはこんなに熱くて、こんなに最高な仲間がいるじゃないか」


という言葉を、堀江さんは言っていました。


ここにぼくは、本当の「人のありがたみや意味」を見ました。


人のありがたみは、
孤独を通して初めて深く感じられるんだと理解しました。

〜〜〜〜〜〜〜

 堀江さんは、こう言っています。

「孤独だから、寂しいからといって、
他者やアルコールに救いを求めていたら、一生誰かに依存し続けることになる」
 
孤独や寂しさを紛らすために、
人といつも居たり、お酒で忘れようとしたりすることは
本質的には何も解決しません。


逆によけいに、寂しさや空しさがこみ上げてきます。


孤独を避けようとする手段に逃げていると、
本当の「人のありがたみ」はわかりません。

 

孤独の時に初めて、人とつながっていることのありがたみを深く感じられます。

 

〜〜〜〜〜〜〜

 

孤独はどんな人にも経験されます。

 

ひとりの時間は、誰にでもあります。 

その、孤独の時間が嫌だからといって紛らわせてしまわないこと。


先送りしても、いつか必ず孤独に直面します。

 

そのときにしっかりと自分と向き合っていないと、孤独に押しつぶされます。

 

逆に、ひとりの時に自分としっかり向き合っていれば、寂しさを乗り越えられる。

それから、本当の人のありがたみに気付ける。

 

孤独の底を経た後に出会った人・出会い直した人には、

本当のつながりを感じられます。

 

おそらくその時に、

一生大切な人との出会いを感じられます。

 

〜〜〜〜〜〜〜

 

孤独の意味は、「人間のありがたみを知る」ことです。

 

もしいま孤独であるならば、

それは、本当に大切な人に出会うための準備期間、ではないでしょうか。

 

 

ではまた今度。

広告を非表示にする