読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

群れると、本当の出会いが訪れない

生活 孤独 気づき

進撃の巨人」で、主人公のエレンが、
ヒロインのミカサを助ける場面があります。 

〜〜〜

ミカサの家族が、強盗に襲われます。

ミカサは、目の前で家族が襲われているのに、

ひとりではまったく抵抗できません。

 

そこに、幼なじみのエレンがやってきます。


ミカサは間一髪でエレンから助けられます。

命拾いをしたミカサ。 

でも、強盗は両親の命を奪った後です。

ミカサはひとりぼっちになります。

最も近かった人を失います。
行き場所を失います。

完全にひとりぼっちになりました。

心の拠り所がなくなって呆然とします。

そこに、主人公のエレンがミカサに近づきます。

マフラーを巻いてあげます。

 

そしてひと言。

「いくぞ」(一緒に)

完全にひとりぼっちになったミカサに、

エレンが手を差し伸べる場面です。

 

その出会い以降ミカサは、

どんなことがあっても、エレンを守るために生きていきます。

 

〜〜〜〜〜〜〜
◆本当の出会いは、ひとりぼっちのときに表れる

ぼくは、このエレンとミカサの出会いは、本物の人間関係だと思っています。


本当に大切な人との出会いは、
ひとりぼっちのときに訪れます。

 

孤独の底にいったときに初めて、大切な人が誰なのかが見えるからです。



この人と出会わなかったら、
自分は一生、ひとりぼっちだったかもしれない。

そう思える人は、一生のうちで数人です。

究極、たったひとりです。

でも、本当の出会いがたったひとりでも、

その人がいれば生きていけます。



ひとりにならないと、出会いの意味に気付けません。

〜〜〜
◆余計なことをしないでいい

寂しいからといって、
いつも人といなければいけないとか。

自分は寂しい人ではないことを確認するために、
スケジュール帳を予定で埋め尽くすとか。

周りの人がいつも人といてにぎやかそうに見える中、
自分は一人の時間が多い、といって不安になるとか。


そんな余計なこと、しなくていいです。

ひとりぼっちを避けようとしてやることは、
余計に寂しさと虚しさを増幅させるだけです。

〜〜〜〜〜〜〜
◆「大勢の人との出会い」を求めると、大切な人に気づけなくなる


大勢の人と一緒にいることを求める行為は、
逆の立場で考えると、相手がいかに悲しい気持ちになるかがわかります。

「大勢の人とむやみに会っている人」と会うことは、
じぶんは相手にとって「その他大勢のうちの一人」になるからです。


もし「あなた以外にも他に会う人いっぱいいます」と言われたら悲しいです。

友だちに「わたし本当の友だちがいません」なんて言われたら、
じぶんはなんなんだろうと思います。

でも、それと同じことをやっている人がいます。


大勢と会うことのデメリットは、
「大切な人」を悲しませてしまうことです。


そして、相手の悲しみに気づけないことです。

 

さらに、大切な人と出会えなくなることです。


一人になったことがないから、
人のありがたみがわからないのです。


大切な人に出会っても、
ありがたみがわからずに相手をおろそかにしてしまいます。

 

そのうち、相手の心は離れていきます。


結果として、いつも「寂しい寂しい」ということになるのです。

〜〜〜〜〜〜〜
◆ひとりぼっちの時間の、尊さを知る

ひとりぼっちの時間の尊さを知る人は、
むやみに人に会いません。

数少ない素晴らしい人との出会いに、深いありがたみを感じています。

「こんなじぶんと関わりを持ってくれてありがたい」
そう思えます。

出会いに、感謝の念が湧きます。


それから、数少ない素晴らしい人との時間は、
むやみに会う「その他大勢の人」との時間とは比較にならないほど、
充実感をもたらすことを知っています。


今までひとりでいた時間は、
この人との出会いの準備期間だったのだと思えます。


一人にならないと、
大切な人との出会いの意味が分からないのです。

〜〜〜〜〜〜〜
◆寂しさを埋めるのではなく、大切な人との出会いへの準備をする

心から「この人と一生、共にいく」と思える人と出会うことが、人生では必要です。


そのためには、一人になる時間を持つことです。

ひとりぼっちのありがたみを、感じることです。

ひとりぼっちの時間の先に、
心から「この人だ」と思える人との出会いが訪れます。


「ひとりぼっち」のときはただ、ひたむきに、
仕事をし、勉強し、本を読み、ものを考え、目の前の人を大切にし、
余計な心配をせずに、進んでいればいい。

「このままひとりぼっちかも」と思ったとしても、
むやみに人に会わなくていい。

へんにキャラを変えようとしたり、
好かれようとしたり、
大勢の人の所に行ったりしなくていい。


ひとりの時間を過ごすことで唯一、
最も大切なものとの出会いにたどり着けます。


ではまた今度。

 

 

広告を非表示にする