読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

今書いていることの結果を、すぐに求めないこと

気づき 生活 考え方
要は、なんのために書くかです。

書く目的は、人それぞれ違います。

書く行為は、目的を忘れてはいけない。

書くことに対する、初心を忘れてはいけない。

すぐすぐの結果を求めないことです。

淡々と続けることです。

長い目でみることです。

〜〜〜〜〜〜〜
◆書くことで、自分の深いところを残せる
 
自分が深いところで何を感じ、何を考えているかを表現する機会は、そうありません。

書くことで、それが可能になる。

書くことは、自分の深いところを、形に残していける素晴らしい行為です。

それが、積み重なっていく。

こんな、すごいことはない。


本当に自分の深いところを表すのは、なかなか難しいです。

書くことは、最も簡単に、具体的に、自分の深いところを残していける行いです。

〜〜〜〜〜〜〜〜
◆書くことは、いますぐの結果のためではない

いま、書いている行為は、いますぐに役に立たなくてもいいんです。

書くことに関して、一日一日の結果を気にする必要はないんです。

なんのために書いているかを忘れなければいい。

数年後、数十年後、なにかの意味になればいい。

究極、続けていればいい。


すぐすぐの結果を、気にしたり求めたりしないことです。

短期的な結果や評価に一喜一憂すると、短期で終わります。

結果は、しょせん結果です。

結果が来たら、終わりです。


大切なのは、もっと先の目的です。

将来現れてくる、意味です。

書くという行為は、短期的に考えてはいけない。

もっと長い目で、深いところで、書く行為を捉える方がいい。

〜〜〜〜〜〜〜
◆「自分自身が残るもの」を、一つでもいいから作ろう

自分が作るものを、なんでもいいから一つ持つことです。

何年か経って、自分が作ったものを見直した時に、きっとなにかを感じます。

自分がそこにいるな、と思えます。


そう思えるだけで、人生を積み重ねた感があります。


どんなことをする時も、長い目でみて、残るものがあるかどうかを忘れないことです。

いますぐに、結果を求めないでいい。

焦らないでいい。

日々、積み重ねていくなにかが一つでもあれば、それだけでも素晴らしい。

続けていくこと、それ自体が、意味です。


ではまた今度。
広告を非表示にする