読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

自分の選択を、人に渡さない

考え方 気づき 人間関係 仕事
周りの目を気にしてしまって、一歩踏み出すことができなかったり、遠慮したりしてしまうことがあります。

その原因は、「周りになんて思われるかわからない」「周りが気になる。どうしよう」と思ってしまうからです。

根本にあるのは、「周りの目が怖い」という思いです。

「自分以外の、その他大勢」を気にしているからです。

〜〜〜〜〜〜〜
◆自分の選択か、他人の意見か


「自分は、この人と付き合う」

たとえば年齢が10歳以上離れた人と付き合うとして。

「えーっ!そんな人と?」
「もっと考えた方がいいんじゃない」
「なにいってんの?!」

周りからそう言われたとしても、淡々と、清々しくしていられるかどうかです。

自分の選択を持ち続けて、堂々としていられるかどうかです。


周りからどう思われるかを気にしたり、恥ずかしがったりしないことです。

堂々と、付き合っていればいいのです。


「年齢が離れ過ぎ」
「周りとは違うから」
「周りからやいやい言われる」

それで付き合うことをやめたとしたら、一生、自分の感性を持てないまま終わります。

他人の意見、周りの評判という不確かなものに、流され続けます。


自分の選択ができないことは、最も大きなマイナスです。

〜〜〜〜〜〜〜
◆やいやい言われるのは、一瞬。自分の選択を捨てた後悔は、一生。


要は、自分の選択とか思いを、さえぎらないことです。

ポイントは、「その他大勢」です。

その他大勢を気にするから、悩むのです。

そもそも、自分の感性や価値観が、その他の人に理解されるなんて望むのは間違いです。


自分の心から来る選択が、その他の人に理解されることは、ほぼありません。

余計な気のてらいを、してもムダなのです。

それだったら、早いところ自分の選択をして、一時的にやいやい言われて、それを通り過ぎて平穏の境地に進んでいればいいのです。


本当に、周りからやいやい言われるのは一瞬です。

どんなこともそうです。

みんな自分の人生が忙しいから、他人にはそんなに構っていられないのが本当のところです。

まわりの人の移り変わる評判より、一生残る自分の心の中の選択です。

〜〜〜〜〜〜〜
◆結果を引き受ければ、いい

自分で選んだら、結果の責任は自分持ちです。

だから、いいのです。

結果が自分の選択による時、人は責任を持てます。

「本当はあの学校を受験したかったのに、反対されたからやめた」

それでは、受験の結果を受け入れられません。

「本当に付き合いたかった人は周りに反対された。だから、無難な人にした」

これでは、不満を持ち続けます。

「周りから反対されたから、、」の後に続く言葉は、アンハッピーが常です。

〜〜〜

自分で選ぶ必要性は、結果を引き受けられるからです。


結果を引き受けることで、人は最も学べます。

自分でケガをした時に、ケガという結果を引き受けます。

そこで、「ケガは痛いな」「次は気をつけよう」と学びます。


周りの目を気にすることは、「ケガをすると危ないから外に出ない」ことと根本は同じです。


「その他大勢を気にする」ところに、本当の幸せも学びも、ないのです。


もっと、自由になることです。


ではまた今度。
広告を非表示にする