読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

全員が黙祷(もくとう)をささげる光景に出合った

気づき 生活

昼休みの遅い時間帯に、デパートの地下食品売り場を歩いていました。

そのとき、店内アナウンスから聞こえてきた言葉。

『14:45より、黙祷を行います。みなさま、ご協力の程お願いいたします』

今日は、3月11日です。
東北大震災の日です。

ちょうどぼくは、その黙祷を捧げる時間帯に店内にいたのでした。

〜〜〜〜〜〜〜〜

ホワイトデーも近いためか、お店はどこも忙しい状態でした。

そんな中、黙祷の時間になると、5秒前の「プッ、プッ、プッ」というアナウンス音が鳴り。

『黙祷』 というアナウンス。

従業員もお客さんも、その場で立って黙祷を捧げます。

ぼくも、足を止めて行いました。

15秒ほど。
店内は、全員が、足と手を止めて、黙祷をささげていました。

誇張ではなく、本当に静かでした。

デパ地下から、スッと動きと音が消えて、不思議な時間でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜

菩提を弔う心が、あらゆる人に自然に備わっているんだと思えて、少し感動しました。

本当に、全員が、手を止めて黙祷を捧げる。


こういう感覚は、大切です。


お仏壇に、お線香をあげて、手を合わせる。

亡くなった人の、冥福を祈る。


この、「目に見えないものに対する心」は、人間の大切な感覚だと思っています。

〜〜〜

今日は、心に残る光景に出合えました。


ではまた今度。

広告を非表示にする