読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

読んだ本、のような人になっていく

どのように考えていくか。
どのように捉えていくか。
どのように生きていくか。
 

これらは、本に書いてあることがじぶんのベースになっている。
振り返ると、そう感じます。
 

特に、10年ほど前に読んでいた本が、じぶんを方向付けている気がしています。
 

家にある、大事な本を集約している1つの本棚には、いまのじぶんの根本につながるものが並んでいる。
 

自分の本棚があるとしたら、そこに自分が投影されているかどうか考えてみると面白いです。
 
〜〜〜〜〜〜〜
◆今のじぶんの「考え方」「捉え方」「生き方」は、5〜10年前に読んだ本がベースになっている

 

選択、価値観、捉え方、感じ方、行動基準、優先順位、仕事の仕方、大切にするもの、人との関わり方、時間とお金の使い方、好き嫌い・・・etc
 

これらは、じぶんが没頭して読み、今も本棚に残っている本が影響しています。
 

そういえば今のじぶんは、
本に書いてあることとそっくりなのです。
 

今まで意識していなかったけれども、
思い返すと本の内容通りのじぶんがいます。
または、著者の考え方や熱意や心が、自分に作用している。
 

以前読んだ、本のような人になっているのです。
 

〜〜〜〜〜〜〜
◆本との出会いは、未来の自分を左右する大切な出会い
 
 

ということは、どんな本に出会って来たかがものすごく大切だということです。
 

人との出会いで人生が変わることがあるように、
本との出会いでも人生が大きく変わっていくのです。
 

これは、経験則からも言えます。
 

1冊の本で、もっと言えば1ページで、
「生まれ変わる・立ち直る・方向性が定まる」
そういうことが起こるのです。
 

どんな本と出会うかで、
どんな自分になるのかも変わっていく。
 

それくらい、
本との出会いはインパクトがあるし、大切なのです。
 

〜〜〜〜〜〜〜
◆なりたい自分は、本の中にある

 

どういう自分になりたいか、それを悩んで考えてしまうより、
心に響く本(言葉)に出会っていけばいいのです。
 

自分の心が動く本(言葉)は、自分自身の心の投影です。
 

その、自分自身の投影に触れ続けていけば、自ずと「なりたい自分」「なる自分」が表れてくる。
 

本との出会いは、
「なりたい自分」「なる自分」を見つけるための機会です。
 

未来の自分が、本の中にあるのです。

 

ではまた今度。 

広告を非表示にする