読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

自信なんて、なくていい

仕事 考え方 暮らし 気づき
自信の無い人が、自信をつけようとする時。

頭で考えたり、気合をいれたりして、自信をつけようとしてもつきません。

「自信がある」ことは、頭でなんとかしようとしても、無理です。

〜〜〜〜〜
◆常に自信があるよりも、立て直す力の方が大切

ずっと、自信があるのは、不自然です。

たとえばプロゴルファーが「絶対崩れないぞ」と思っていたとします。

その強気のまま、バンカーに入ってしまったり、うち損ねてOBになったりしてしまったら。

自信は崩壊します。

余計に頭で考えていって、崩れていくのがオチです。

〜〜〜

大切なことは、自信満々でいることより、自信を失いそうになった時にどう立ち直るかです。

立ち直れないことが、問題なのです。

そう考えると、自信は、むしろ無い方がいい。

最初から自信満々だと、少しでもうまくいかなかった時、大幅に崩れます。

「自信をつける」「強気でいる」という方向にエネルギーを向けるのは、無駄が多くなる。

それより「なにがあっても立ち直ることができる」
これが、強いのです。

〜〜〜

自信なんて、無いものは無い。

自信は、つけるものではない。

「立ち直る」という数々の経験を経た後に、自信はいつの間にかついているのです。


ではまた今度。
広告を非表示にする