日々の気づき 〜仕事・お金・人間関係〜

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

早く書けた時の方が、完成度がいい

考えて考えて時間をかけて書いた時よりも、
スラスラと短時間で書けた時の方が完成度が高いです。


なぜか、完成までの時間が短い方が、出来がいいのです。


〜〜〜〜〜〜


クオリティは「時間をかけた分だけ上がる」というのはウソです。


「長く働いた分だけ生産している」ということがウソであることと同じです。


もしおなじならば、人によって時給に差があることの説明がつきません。


時間をかけたからといって、
生み出されたものがすべて素晴らしいかというとそんなことはないのです。


〜〜〜


時間をかける経験は、前段階でしておくことです。


今この瞬間に時間をかけるのは遅い。


生み出すその前に、すでに、時間をかけているべきです。


すでに、これまでに時間をかけて積み重ねてきたならば、
今ここで生まれてくるものにかかる時間は短時間でいい。


今、時間をかけている時点で、すでに遅いのです。


質とは、量がすでに蓄積された上で、
そこから短時間で生み出されてくるものの中にあるのです。

 


ではまた今度。 

広告を非表示にする