watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

「怒る」ことは、相手を思い通りにするラクな手段

怒りは、相手を自分の思い通りにしようとする目的があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子供に大声で怒鳴るのは、子供を自分の思い通りにするためです。
 
 
 
 
 
 
 
本当は、冷静になって、論理的に、言葉を伝えられるはずです。
 
 
 
 
 
 
 
それなのに、大声で怒鳴ったり、荒々しく怒りを爆発させたりするのは、相手とコミュニケーションがうまく取れないからです。
 
 
 
 
 
 
 
自分の思い通りにするための、ラクな手段を取っているのです。
 
 
 
 
 
 
 
〜〜〜〜〜〜
 
 
 
 
 
 
 
「相手に伝えるべきことを伝える」という行為は本来、怒りを必要としません。
 
 
 
 
 
 
 
『いや、相手は言ってもわからないから、怒ってるんだ!相手のためなんだ!怒る正当な理由があるから自分は間違ってない!』と、怒る人は言います。
 
 
 
 
 
 
 
でも、根本には「相手を変える。思い通りにする」という自己の目的がある。
 
 
 
 
 
 
 
自分の私的な目的をそのまま言うなんてできないから、真っ当な理由をつけて、怒りを正当化する。
 
 
 
 
 
 
 
これは、「怒りっぽい人」の特徴です。
 
 
 
 
 
 
 
〜〜〜〜〜〜
 
 
 
 
 
 
 
気に入らないことがある時、「怒る理由がある。自分は間違ってない」と考えるならば。
 
 
 
 
 
 
 
その人は、常に、自分の感情を正当化します。
 
 
 
 
 
 
 
荒れ狂うのは、その理由があるからだといいます。
 
 
 
 
 
 
 
でも、本当は「相手を自分の思い通りにしよう」と考えているだけなのです。
 
 
 
そのラクな手段として、怒りを使っている。
 
 
 
 
 
 
 
怒っている人は、困っている人なのです。
 
 
 
 
 
 
 
ではまた今度。
 
 
 
 
広告を非表示にする