watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

どん底に行くことで、エネルギーに溢れる

どん底に行くこと。
 
これは、マイナスではありません。
すごくいいことです。
 
〜〜〜
 
そこそこ幸せな人は、そのまま現状維持です。
 
 
たとえばそこそこお金持ちの人は、お金にそこまで頓着していません。
 
でも、お金がない状態だと、すごくお金のことを考えます。
 
親が経済的に豊かではない時、
子供ながらに「お金どうしよ」と考えます。
 
「なんとかしなくちゃ」「勉強しなくちゃ」と考える。
 
エネルギーが湧く。
 
なにかが「無い」時、
ハングリー精神というか、向上心というか、
内側から湧いてくるものがあります。
 
〜〜〜
 
恋人(結婚とか出会いとか)についてもたぶん同じです。
 
 
いる時は、いつでも会えるし、いつも会ってるし、なんとなく満たされているから、
考え過ぎたりはしません。
 
 
でも、いない時は、「付き合うには、モテるには、出会うには」と考えます。
 
時に、焦ったり、一喜一憂したり、悩んだりする。
 
でも、一方で、努力する。
 
人一倍、自分を磨こうとする。
(正しいエネルギーの方向性に向いている限りにおいて)
 
この、一見遠回りしている時期が、いいのです。
 
「そこそこ幸せ」な状態だけでは得られない深みも備わるし、
なによりエネルギーが高まります。
 
〜〜〜〜〜〜
 
言いたいことは、
「そこそこ満たされている時にはそんなにエネルギーは湧かない。
でも、無い時はそのことをすごく考える。エネルギーが湧く」ということです。
 
この「無い」ことのエネルギーは、活かし甲斐があるのです。
 
〜〜〜
 
養子で、貧しい両親に育てられ、大学中退し、アップルから一度追い出され、ガン宣告され、余命半年以下と言われ・・・
とてつもなく「無い」ものづくしです。
どん底の極致です。
 
でも、だからエネルギーに溢れていたのです。
 
「stay hungry」でいられたのです。
 
〜〜〜
 
どん底経験はきっと、なにかを得る準備段階です。
 
 
ではまた今度。
広告を非表示にする