読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

褒めてはいけない。感謝する。

「褒める」行為には、上の人間が下の人間を操作するための目的がありそうです。

無意識的にも意識的にも、「上下」が出てきます。

「できない人」「ダメな人」「弱い人」「未熟な人」に対して、褒めるという行為が生まれる。

だから、褒める行為はよくないかもしれない。

〜〜〜〜〜

では、どうするか。

「感謝する」のです。


部下が成果をあげたら、「頑張ったな」「よくやった」もいいけれど。

「ありがとうな」「助かってるよ」と感謝する。

成果をあげたかあげてないかで、態度を変えるのではなく。

「評価」とか「判断」とか「表彰」ではなく。

不変の態度として「感謝」する。


ここに、上下関係はなくなる。

対等な関係としていられる。


人間関係は、上下関係よりも、対等な関係でないと続かないと思う。


ではまた今度。
広告を非表示にする