読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

自慢するのは、自分の優位性を感じたいから

コミュニケーション 考え方 暮らし 人間関係 気づき
自慢する心理の根本には、「自分を素晴らしく見せたい」思いがあります。

もっと言うと、「周りの人より優位に立ちたい」思いです。

自分を、すごい存在であると思いたい。

劣っているとは思いたくない。

だから、自慢という形を取る。

これは、つらい状態です。

なぜつらいか。


•人の目を気にしているから

•無意識にいつも、劣っている感じを持っているから

•自分を承認して欲しいといつも思っているから

•今のそのままの自分を受け入れてないから

•自分の価値を他人の基準で測っているから

•人を、上下で見ているから

•人生を、勝ち負けで考えているから

……etc

〜〜〜

要は、自分を肯定できないのです。

自分が、良いか悪いか、優れているか劣っているか、それを気にしていたら「優れていることを証明しなければ」と思うようになります。

これはつらい。

〜〜〜

他にも、自分の優位性とか実力を得たい時に取る行為があります。

人を罵倒する、
弱い者を負かす、
横柄に振舞う、
怒鳴り散らす、
ブランド品に身を飾る、
周りをバカだクズだと言う。

すべて、自分の優位性を感じるために取る行為です。

安易に、自分を大きく見せる行為です。

自分の優位性を、なんとかして必死で示そうとするのです。

〜〜〜

もし、自慢したり、いつも怒っていたり、人を罵倒したりする人がいたら。

それは、その人に自信がないからです。

今の普通の自分を、受け入れてないからです。


普通であることを、否定しなくていい。

別に、すごい所を見せなくていい。

余計なことは、しないほうが楽しいです。


ではまた今度。
広告を非表示にする