読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

「内向的」な人が持つ、3つの強み

内向的な性質。

内気、引っ込み思案、慎重、大勢の人といたり、飲み会に参加したりすることが苦手。


そういう内向的な性質を持っていると、
積極的な人、社交的な人、堂々としている人、行動的な人、人脈が広い人などの、
外向的な性質に憧れたりする。

「こんな自分ではいけない」と、内向的な自分を変えようとしたり、否定したりする。

外向的で、積極的で、行動的な人が成功している所を見ると、
余計に自分を無理してでも変えようとしたりする。


でも、そんなこと、しなくていい。

内向的な性質を、外向的な性質へと近付ける必要はない。

内向的な性質は、世の中に必要だから。

内向的な性質の必要性を、まとめてみる。

〜〜〜〜〜〜

◆リスクに対して慎重

外向的な人は、リスクの高いことにもガンガン進んでいく。

行動的な所は評価されるかもしれない。

でも、「その行動が間違っているかもしれない」という冷静さに欠ける。

熟考をしないまま、
たとえば大額を投資したり。
賭け事をしたり。
起業したり。

たとえ、その行動が無謀で、冷静に考えても危険だとしても、外向的な人は聞かないだろう。

「先にあるワクワク感」「大きな報酬や目標」に意識が向かっているから、慎重になんて考えられないのだ。

内向的な人は、そんなことはしない。

リスクの高いことに対して、慎重になる。

調べたり、勉強したり、周りの人に聞いたりして、安全性を確保する。

その上で、最善な策をとる。

オワってしまうようなことは、絶対にしない。

破綻しないようにするために、努力する。

だから、賭け事で大損したりしない。
離婚やケンカが外向的な人より少ない。
あまり危険な目にあわない。

これは、内向的な性質の強みの一つ。


◆敏感で、相手の気持ちに共感する

内向的な人は、敏感である。

物事に対して、人一倍、心を揺さぶる。

人生に起こるできごと、物語、自然、世の中のニュース、周りの人の言葉や態度なと。

あらゆることに対して、心を動かしている。

それは、素晴らしい感動の時もあれば、深い悲しみや不安の時もある。

周りのこと、本や物語、森羅万象、まるで自分のことのように移入してしまう所がある。

敏感さは、気付かないことに気付ける可能性がある。

ひと、もの、こと、そこに深みと広がりを見ている。

わざわざ、ハワイの、南の島の、青い海と空を見にいかなくても。今日の、空の、夕日を見て、感動できる。

スタバの店員さんの笑顔とか気遣いに喜びを感じられる。

内向的であることは、より自然とか人間に向かっていくことだと思う。

この強みを、内向性は秘めている。


◆「数、広さ、大きさ」より「深さ、奥行き、少数」を求める

内向的な性質は、考えること、知ること、深めることが好き。

多くの人々とワイワイやるよりも、1対1でじっくり話すことに喜びを感じる。

初めて会う人とたくさん知り合うことよりも、1人の仲良しを持つことに興味がある。

飲み会や遊びのスケジュールが埋まることよりも、
自由なスケジュールの中でじっくり本を読んだり、散歩したり、カフェでゆっくりしたりする方を求める。


瞬間的な刺激よりも、持続する精神的な喜びを求める。

そこに、数、広さ、大きさは必要ない。

孤独、親密な人との関係、自由、それらを大事にする。

外向的な人が人とたくさん会って、話して、発散してしまうエネルギーを、
内向的な人は、物事を深める方向に使う。

他の人がたどり着けない気付き、考え、世界を、内向的な人は知っている。

ある分野で、内向的な人が深めたものに、他の人はかなわない。

ここに、新たな概念や発明、プロダクトが生まれると思っている。

〜〜〜〜〜〜

まだまだ、ある。

今日はこのくらいに。


ではまた今度。

広告を非表示にする