読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

「みんな」を大切にする人は、ひとりも大切にできない

「たくさん友達がいる」
「みんなと仲良し」
「人と会う予定でいっぱい」

こういった、大勢の人と関わりを持つことに意識が向いている時。

きっと、ひとりも大切にできていないです。

たくさん人を、大切にすることなんてできるわけないからです。

〜〜〜〜〜
◆自信をつける方法は、大切なひとりの人を持つこと


たくさんの人との関係性があることを自己表現としているのは、自信がないからです。

あわせて、本当に大切にすべき人がわかっていないのです。


自分が大切にすべき人との時間を、その他大勢との時間に使ってしまっていることに気づくことです。

どんなに数を寄せ集めても、自信はつきません。

人との関係性の数を増やすと、我慢して過ごすことになります。

我慢するから、余計に自己嫌悪になって、自信がなくなるのです。

それは、本当に大切な人に対して失礼です。

自分自身にも、失礼です。


自分を確認するために数を集めることは結局、誰も幸せにしていないことに気づくことです。

数を求めることと、人間関係を大切にすることは、方向が真逆なのです。

〜〜〜
◆多くを大切にしようとする人は、ひとつも大切にできない


「みんな仲良し!友達だよね!」
という人は、怪しいです。

「国民の幸せを!」
「社会の平等を!」
そんなことを言っている人も、怪しい。

要は、きれいごとです。

ウソです。

物理的にも、ありえません。


こういう人の本質を観察してみると、「自分のことしか見ていない」ことがわかります。

嫌われたくないのです。

自分にとって都合がいいから、そんなことをいうのです。

〜〜〜〜〜

◆数を、求めなくていい。

究極ひとりでいい。

目の前にいる人を、今いる人を、大切にすることです。

それが、自信をつける1番の方法です。

それが、人間関係において最も充実を感じる、最良の道です。


ではまた今度。
広告を非表示にする