日々の気づき 〜仕事・お金・人間関係〜

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

話が長い人ほど、注文しない

お客さんの中で、
やたらと商品のことを聞いたり、
 
質問が多くて根掘り葉掘り聞いたりする人がいます。
 
 
 
そういう人ほど、
 
注文しません。
 
 
 
懇切丁寧に応対しても、
 
見事に結果は裏切られます。
 
 
 
〜〜〜〜〜〜
 
◆注文する人は、話がはやい
 
 
 
注文する人は、話が早いです。
 
 
 
なぜなら、質問が具体的だからです。
 
 
 
なにが必要かわかっています。
 
 
 
 
 
一方で、注文しない人は話が長いです。
 
 
 
なぜなら、質問が抽象的だからです。
 
 
 
ポイントを押さえていないから、
 
関係のない事柄もなんでも聞いてきます。
 
 
 
なんでも聞いてきて、
 
最後の言葉は「もう少し考えてみる」です。
 
 
 
言い換えると、「注文しない」です。
 
 
 
 
 
上司が「検討する」「保留ね」と言ったことは、
 
一生やりません。
 
 
 
要は、「検討」「保留」という時間をかける選択は、
 
「NO」と同義です。
 
 
 
時間をかけようとする人を、
 
変えようとするのはかなりキツいです。
 
 
 
〜〜〜〜〜〜
 
◆優良顧客ほど、話が短い
 
 
 
話の長さは、
 
その人の親切心の表れです。
 
 
 
相手の事情とか気持ちをわかっていれば、
 
えんえん長話をすることがいかなるものかわかります。
 
 
 
話が長い人は、
 
それがわかっていないのです。
 
 
 
話の長さは、
 
人を表すのです。
 
 
 
 
 
ではまた今度。
 
 
 
 
広告を非表示にする