watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

会社を3年続ける3つのメリット <その2>〜サラリーマン経験のメリット〜

前回は「会社に3年いる3つのメリット」〜サラリーマン経験のメリット〜を書きました。

 
今回は、その続きです。
会社員でいることで得るメリットの中で「実利的な」内容です。
 
〜〜〜
 
でも、会社員を3年続けることは、いいことです。
 
ちょっと言い換えると、
「得する」「メリットがある」のです。
 
3年続けることで実利的に得する点を3つ、考えます。
 
〜〜〜〜〜〜
1、転職が有利になる
 
企業が採用をする基準の一つに「経験3年以上」というものがあります。
 
この、経験3年以上という点は、
転職市場において差がつきます。
 
・社会人を3年続けるだけのメンタル(耐性、社会人マナー)がある
・3年という経験はある程度即戦力としてのスキルが見込める
 
大まかにこの2点が売りです。
 
20代で会社を3年続けずに、3社以上転々と転職しているとしたら、
印象は良くありません。
 
人生の選択肢は、多い方がいい。
 
その方法の一つは「3年続けること」です。
 
 
〜〜〜〜〜〜
2、様々な審査をパスしやすくなる
 
「クレジットカードを作る」
「ローンを組む」
「お金を借りる」
「部屋を借りる」
「金融系の審査をパスする」・・・など。
 
こういったことに、より強くなります。
 
※業界の人間ではないので、具体的な審査基準は存じません。。
 
会社員で3年という「肩書き」は、
あらゆる審査をパスする上で大切です。
 
「会社員」という立場は、けっこうツカえるのです。
 
 
逆に「クレジットカードが作れなかった!」という状況は、
意外に不便でイタイです。
 
〜〜〜〜〜〜
3、定期収入がある
 
会社員でいる時、
まず、「生活できない」ことにはなりません。
 
定期収入があるからです。
 
これは、精神的に安定します。
 
この、「精神的な安定感」が、とても大切です。
 
精神的に安定している時に、
勉強できるし、将来のことを考えられるし、いいアイデアが生まれるのです。
 
 
一時期、会社を辞めて職を持たない状態をある期間過ごした時、
定期収入がないことの不安感や怖さを感じました。
 
その時に、
いいアイデアは湧いてこないのです。 
 
不安感や心配を抱た精神状態で出てくるアイデアは、
いいものではないのです。
 
将来独立するにせよ、自分で稼ぐ自由な生活を目指すにせよ、
まず「精神的な安定」が必要です。
 
その具体策は、定期収入を持つことです。
 
定期収入を持った上でアイデアを考えれば、
きっとうまくいきやすいです。
 
〜〜〜〜〜〜
 
会社員として働くこと。
サラリーマンであること。
 
このメリットを、活かさない手はありません。
 
社会は、会社員というメリットを活かしながら過ごしていく方が
有利なのです。
 
 
 
ではまた今度。 
広告を非表示にする