日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

孤独になることで初めて、相手のありがたみを深く知れる

「寂しい」
「孤独を感じる」
「みんな盛り上がってるな。自分だけひとりぼっちな気がする」
 
 
Facebookを見たり、
知人の話を聞いたりすると、
「みんな楽しそう」で「自分は孤独」だと思ってしまうことがあります。
 
 
「自分は、このままでいいのかな」
「周りの人のように、たくさんの人とつながっていたい」
 
 
そう思って、くじけそうになったりします。
 
大半の人は、
「寂しさ」や「他人との比較」から、
孤独を避けようとします。
 
 
でも、孤独を避けようとしないほうがいい。
 
なぜなら、
孤独感を解消しようとした行為をすればするほど、
ますます寂しくなるからです。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆寂しさは、人とたくさん会うことでは、紛れない
 
 
寂しさを解消するための対処法は、
たくさんの人と会うことです。
 
 
パーティー、お食事会、合コン、二次会三次会、打ち上げ、、、
 
そういった、たくさんの人がいるところに行きます。
 
そこには、たくさん人がいて、そこにいることで自分も、
「たくさんの人といる」と思えます。
 
 
でも、終わった後。。。
 
 
寂しいのです。
もっと、寂しい感じが残ります。
 
 
なぜなら、
「人とのつながり」を感じないからです。
 
大抵は、薄い、浅い、お話です。
 
または、自慢話、グチうわさ、などです。
 
 
多分、おおよそ参加した後は、
「なんだかなぁ」と思います。
 
 
これを、繰り返して行きます。
 
 
行く末は、何も残らないのです。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜
◆寂しさの根本的な解消は、心つながった人との関係性だけ
 
 
本当に寂しさを解消するためには、
人との心のつながりが必要です。
 
 
数は、ここでは全く関係ありません。
 
 
究極、ひとりいればオッケーです。
 
 
心つながった人、
言い換えると運命の人との関係性があれば、
その他大勢の人と繋がろうとする必要を感じません。
 
なぜなら、
どんなことがあっても、
その人との関係性を心で感じられるからです。
 
 
ひとりでいても、
ひとりではないのです。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆孤独の時間は、勉強するための時間
 
 
勉強は、ひとりにならないとできません。
 
 
ましてや、お食事会で大勢でいる時に、
勉強はできないのです。
 
 
「いや、お食事会やパーティーでも、人から学べますよ」
という反論が来ます。
 
 
それは、「深さが圧倒的に違う」のです
 
 
本質的に自分を深めるには、
ひとりになって勉強することです。
 
 
話がつまらない会に行く間に、
本を読み、映画を観、自然に触れる時間を持つことです。
 
 
これだけで、
魅力が全然違ってきます。
 
 
雰囲気が変わります。
品格が備わります。
 
 
大勢でいすぎることのデメリットは、
品格がなくなることです。
 
 
そして、寂しさを余計に感じることです。
 
 
ひとりの時間を持っている人は、
雰囲気に寂しさを感じません。
 
 
まず、孤独の時間を大切にする意識を持つことです。
 
 
ひとりの時間になって初めて、
相手のありがたみをしみじみと感じることができるのです。
 
 
 
ではまた今度。
広告を非表示にする