日々の気づき 〜仕事・お金・人間関係〜

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

『寂しさ』を解消するには

「寂しい」
「孤独を感じる」
「みんな盛り上がってるな。自分だけひとりぼっちな気がする」
 
 
Facebookを見たり、
知人の話を聞いたりすると、
「みんな楽しそう」で「自分は孤独」だと思ってしまうことがあります。
 
 
「自分は、このままでいいのかな」
「周りの人のように、たくさんの人とつながっていたい」
 
 
ふと、そう思うことがあります。
 
 
大半の人は、
「寂しさ」や「他人との比較」から、
孤独を避けようとします。
 
 でも、寂しさを解消するために、
飲み会に行ったり、誰でもいいから人に会いに行ったりすると、
余計に寂しくなることがあります。
 
それは、寂しさを解消する方法を間違っているということです。
 
今回は、「寂しさ」について考えます。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆寂しさは、人とたくさん会うことでは、紛れない
 
 
寂しさを解消するための安易な対処法は、たくさんの人と会うことです。
 
 
パーティー、お食事会、合コン、二次会三次会、オフ会、打ち上げ、、、
 
今は、行こうと思えばいつでも、人の集まるところに参加できます。 
 
 
そこには、たくさん人がいて、そこにいることで自分も、
「たくさんの人といる」と思えます。
 
人といるときは、寂しさを感じません。
 
 
 
でも、終わった後。。。
 
 
やっぱり寂しいのです。
 
もっと、寂しい感じが残ります。
 
これは、誰もが経験することです。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜
◆なぜ、人と会ったのに寂しいのか
 
 
それは、その場限りの関係であることがほとんどだからです。
 
 
 
 
『寂しくない』とはどういう状態か。
 
それは、『会っていなくても繋がっている』感じを持てるときです。
 
 
 
飲み会・人の集まり、その時間が寂しさを増幅させているとしたら、
それは『繋がっている感じ』がないのです。
 
「その場限り」 を幾つ集めても、
残る感情は、寂しさと虚しさです。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜
◆寂しさの根本的な解消方法は、心つながった人との関係性だけ
 
 
本当に寂しさを解消するためには、
人との心のつながりが必要です。
 
 
数は、全く関係ありません。
 
 
究極、ひとりでもいいです。
 
 
心通わせる会話をしているとき、喜びがあります。
 
これを、充実感と言います。
 
 
 
この充実感を感じる人との時間が、大切です。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜 
 
寂しさは、たぶん、誰でも抱えています。
 
 
でも、寂しい時間があるから、
人と会った時のありがたみが深まります。 
 
 
 
ひとりの時間になって初めて、
相手のありがたみをしみじみと感じることができるのです。
 
 
 
ではまた今度。