日々の気づき 〜仕事・お金・人間関係〜

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

自分をスゴそうに見せることの、さじ加減

人は、行列ができている店を信用する。

人気そうな店は、安心できる。

 

 

例えば、ラーメン屋に行列ができているだけで『えっ、なになにそんなに美味しいの?』

と思って行きたくなったりする。


一方で、誰も列におらず、閑古鳥が鳴く雰囲気があると、行きたいと思わない。


人間はどうしても、『人気なもの』『人が集まっている所』『見た感じすごそうなもの』を評価し、寄り集まる傾向がある。
(自分自身も当然そうだ)


では、『実績も・人脈も・知名度も・大きな結果も・信頼も・・・』
何も無い人はどうすればいいだろう。。。

その答えは、ラーメン屋で例えた文脈で考えれば『行列ができている感じ』を見せること。

言い換えると『人気(実績)がある雰囲気を出す』とか『結果をわかりやすく見せる』ことが最も有効で簡単な方法となる。

つまり、『何も無い』状態の時は、なんとかして『すごそうな人』を演出していく必要があると思う。


嘘はいけない。
嘘は、良ろしくない。
なんでもありになってしまうと、究極、詐欺になる。

詐欺にまで行かなくても、
すごそうに見せて、『盛る』行為をしたとしてもやりすぎは自分の首を絞めることになる。

『あれ、この人最初はすごいと思ってたけど、大したことないかも・・・』

こうなってしまう。

最初の印象が強いほど、後の『がっかり感』の落差は大きくなる。


『行列のできるラーメン、並んで食べて見たけど、イマイチだった』

その人は、2度と行かなくなる。
マイナスの口コミに繋がるかもしれない。

・月商0000万円!
・000賞を受賞!
・000で1位!

自分のことを『盛る』時は、長い目で見て戦略的に。ほどほどに。

本質的な実力が、やっぱり最重要。