【会社員を辞めたい人に向けて】20代で知っておけばよかったことリスト

同じものを見て、1気付くか、10気付くか、100気付けるか

『お金がない』と言う人の、決定的な1つの特徴

『金欠で困っている』

『お金が無くて、欲しいんです・・・』

 

話していて、こんな風に言う人が結構います。

または、お金にだいぶ困っている経済状況の人が、自分の周りに少なくないです。

 

その人たちに、ある一つの共通点が浮かび上がってきました。

 

それは、『行動しない』

 

まさに、この一言に尽きるんです。

 

以下、説明します。

 

〜〜〜〜〜〜〜

●お金を作る方法は、今の時代ものすごく簡単

 

はっきり言って、手元に現金を数千円〜数万円稼ぐことは、今の時代カンタンです。

 

これは確信して言えるので、もう一度声を大にして言いたい。

 

『お金を得ることは、カンタン』

 

一つ、方法を教えます。

 

『メルカリで、ものを売る』

 

本当に、これで数千円〜数万円はいきます。

 

『売るものがない』という言い分もありますが、

『身の回りの不要なもの』とか

『お菓子とかドリンクのおまけ・コンビニの期間限定キャラグッズ』とか

なんでもいい。

 

(『不用品が一つもない』なんて、言わないで、なにか集めてみてください…)

 

『要らないものを売る』なんて

 

スマホとネット通信環境があるなら、全員できます。

 

出品時間は5分です。

 

これは、難しいこととは言えないはずです。

 

今の時代、お金を得る方法は誰にでもある。

 

明確な事実です。

 

〜〜〜〜〜〜

●お金を稼ぐことは『難しいこと』では決してない

 

ましてや、能力が高い人だけができることだと思ってるなら、それは大きな間違いです。

 

ただただ、地道な、ちょっと面倒な行動をするだけです。

 

それが、『お金を稼ぐこと』の本質です。

 

商売とは、能力的な分野ではない。

行動の差です。

 

全ての大企業も、最初はものすごく小さな事務所(自宅・ガレージ他)で、それこそ一人のお客さんを相手に商売をしていた。

 

これに、例外はないです。

 

一歩一歩、行動の積み重ねが集まっただけです。

 

〜〜〜〜〜〜〜

●『お金がない』という人は、ただただ『行動しない』

 

お金がないという人に『メルカリで、自分で不要なものを売ったらいいよ』

とアドバイスすると、面白いことが起きます。

 

それは、みんな『行動しない』のです。

 

これが、自分にとって極めて不思議で、理解しがたいことなのです。

 

『お金がない』という現象を目の前にしている人に

『じゃあ、増やす行動が必要だね。こういう方法があるよ、超カンタンだよ』

と当たり前かつ現実的なアドバイスを伝えています。

 

使い方や方法すら、相手は知っています。

 

それなのに、行動しないのです。

 

〜〜〜〜〜〜〜

●困っていると言っている人は、自ら困っている状況を作り出している

 

ここで、『お金がない』という人の本質的な原因を垣間見ることができます。

 

お金がない   →現象

お金を稼げばいい→解決策

稼ぐために不要なものを売ってみたら?→具体的な解決方法

 

→でも、やらない。

 

AならばB

BならばC

ゆえにAならばC

 

という綺麗な論理的な解決法を説明しても、やらない人。

 

つまり、『ただ、行動しない』という特徴があるのです。

 

人は、

・ものすごく難しいこと

・非常に面倒で時間のかかること

・全く自分だけでは解決できそうにないこと

こういうことに対しては、行動ができません。

絶対に解けない数学の問題を前にした時、くじけることとほぼ同じです。

 

でも、『カンタン・5分で終わる・環境も整っている』のにやらないとしたら。

 

もはや、救いようがありません。

 

『お金がない』という人の特徴は

行動をしない。

 

言い換えると、ただただ怠惰なのです。

 

〜〜〜〜〜〜

●その状況は、自分で選んでいる

 

世の中は当たり前のことでできています。

 

『すごい方法論』や『特別な能力』は必要ない。

 

それでも、行動しませんか?

 

 

ではまた今度。

 

f:id:watoku55:20180331224913j:plain