【会社員を辞めたい人に向けて】20代で知っておけばよかったことリスト

同じものを見て、1気付くか、10気付くか、100気付けるか

サラリーマンになることの、3つのメリット

会社に入ってから、『もうイヤだ』という思いを経験した人は多いと思います。
 
早い人は入社して数日で、
遅い人でも数ヶ月して1度は『イヤだ!』と感じるはず。
 
でも、一度『会社員という経験で得るもの』を捉え直して欲しい。
 
 
『会社なんて意味ない!』と思うことは多々あると思いますが、
その中でも、メリットもあります。
 
そこで今回は、
 
・今年、新社会人になった人
・会社を辞めようと思っている人
・会社に入る前の学生
 
の方々に向けて書きます。
 
 
【3つのメリット】
 
1、礼儀やマナーを知ることができる
2、理不尽、不可解、不条理を経験できる
3、人生で大切な『組織の論理』を経験できる
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1、礼儀やマナーを知ることができる
 
 
まず、社会人の世界で持つべき礼儀やマナーを学ぶことができます。
 
これは、正社員として社会人を経た人と、そうでない人では明らかに差が出てしまう点です。
 
これは、社会人として過ごす際の基本部分です。
 
マナーや礼儀なしで過ごすのは
はっきり言って『損する』場面が多くなります。
 
 
現代は、どちらかというと、
昔に比べてマナーや礼儀の必要性が希薄に感じるかもしれません。
 
でも、やっぱりマナーや礼儀は必要です。
 
マナーや礼儀がないと、
ほとんどの大人はまともに相手をしてくれないからです。
 
 
『マナーや礼儀なんかより、実力で勝負します!』
という意見があったとしても、
 
それ以前に『勝負の土俵にすら立てなくなる』可能性がある。
 
 
とりあえず、会社に入ったら、マナーや礼儀は叩き込まれます。
 
 
これは、サラリーマンになることの大きなメリットです。
 
会社に1年でも居れば、マナーや礼儀の感覚は身につくはず。
 
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
2、『理不尽・不可解・不条理』を経験できる
 
 
サラリーマンで最もつらく、同時に最も鍛えられるのは
『理不尽・不可解・不条理』の経験です。
 
 
これが、きついのです。
 
まさに、サラリーマン力の本質です。
 
 
会社では、いろんなイヤなことがあります。
 
・帰り間際に仕事を振られる
・上席が帰らないから自分も帰るに帰れない
・間違っているのに正しいと言わなければならない
・何度となく資料作成をやり直しさせられる
・お客さんからとんでもないクレームを受ける
 
・・・挙げればきりがないです。
 
 
とにかく、学生時代とは比べものにならないくらい、理不尽のオンパレードです。
 
(とにかく辛いです…)
 
でも、これが人間を鍛えます。
 
 
『サラリーマンを3年続けた』という人がいるならば、
それだけで、その人は何かを乗り越えています。
 
会社員を経験してない状態の人と
ここで圧倒的な差がつきます。
 
 
サラリーマンになってからの3年間は、
人生のあらゆる『大変なこと』が詰め込まれます。
 
 
それを乗り越えた経験は、
その先の人生を生きる上で大きな力になる。
 
これは間違いありません。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
3、人生で大切な『組織の論理』を経験できる
 
 
最後に3つ目『組織の論理』これを知ることができる点も重要です。
 
サラリーマンで出世に必要な力は何か。
 
 
それは『組織の論理を理解し活かす力』です。
 
 
『能力や知識』ではありません。
 
 
なぜなら、これには明確な理由があります。
 
『あなたを出世させるのは、強い決定権を持つ上司である』からです。
 
ポイントは『強い決定権を持つ』ということ。
 
 
組織の論理とは言い換えると
『決定権や影響力の大きい人間によって運営が進む』ということです。
 
 
これはつまり、
 
『決定権や影響力の大きい人を素早く見極める力』が必要で
『いい人だけど力のない上司についていっても出世できないこと』を知る必要がある。
 
 
そして、決定権や影響力の大きい人から、認められる必要がある。
 
現実論でいうと『好かれること・可愛がられること』が必要になる。
 
 
(これは、『ごますり』という表面的な力ではなく、もっと人間のことを理解し行動する力)
 
 
『組織の論理』の理解なしに、出世はできません。
 
 
これが、会社にいることでイヤでも学べるのです。

 
大事なので繰り返します。
 
出世は能力ではない。
 
組織の論理を知り、適切な人の元につき、適切に動く。
 
 
これが必要です。
 
 
この『組織の論理』を理解しないまま過ごすと、
先の人生で損することが多いです。
 
 
この話は『社内遊泳術を学んで出世しろ』という表面的なスキルの話ではなくて、
 
『会社・組織・チームの論理を知って、適切に動き、自由度の高い状況を作らないと一生苦労するよ』
という現実論を伝えたいだけです。
 
 
能力があっても、鳴かず飛ばずで人生を苦労する人が山ほどいます。
 
 
組織の論理を学ぶべき時に学ぶ。
 
 
これは、大切です。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
以上で終わります。
 
 
最後に一言。
 
 
会社員で学ぶべきことを学んだら、さっさと会社を飛び出そう。
 
 
会社や組織に染まって人生を捧げることのないよう。
 
 
みなさまが、自分が自分である人生を過ごせることを願っています。
 

 (サラリーマンを脱出したいと思った折に読むべき)

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

 

 

 
 
ではまた今度。