【会社員を辞めたい人に向けて】若い時に知っておけばよかったことリスト

独立して年収1,000万円以上いくための、武器を持とう

孤独を感じている人が考えるべき5つのこと 『理解者』を求めている人に

孤独を

 

「嫌なもの」

「辛い」

「寂しい」

「虚しい」

「自分だけではないか」

「避けたい」

 

こう思っているなら、それは『孤独』を正しく捉え直すべき。

 

【もくじ】

・『孤独だな』と感じている人は、自分以外の全ての人もそう

・『自分だけ孤独だ』という人は勘違いしている

・『自分は誰からも理解されていない』と思っている人に

・一人にならないと、できないことが山ほどある

・一人にならないと、人のありがたみがわからない

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

・『孤独だな』と感じている人は、自分以外の全ての人もそう

 

まず、孤独を感じているのは『自分だけ?』とおもっている人は知っておくべきです。

 

全ての人が、孤独感を持っています。

 

 

みんな、1日のある時間に『あぁ、孤独だな』と感じています。

 

SNSで盛り上がっている人も、

大会社の社長も、

有名人も、、、

 

みんな、一人の時間に、ふと孤独を感じています。

 

『自分だけ、こんなひとりぼっちを感じているのかな』 

 

と思っています。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・『自分だけ孤独だ』という人は勘違いしている

 

なぜ、自分だけ孤独を感じているのではないかと思うのか。

 

それは、周りの人を見て比較しているからです。

 

周りの人とはSNSでも同じです。

 

友達が遊んでいたり、旅行したり、

街で恋人同士が幸せそうにいたり、

有名人がもてはやされていたりするのを見ると、

 

『周りの人はみんな楽しそうで幸せなのに、自分は・・・』

 

という感じを持ちます。

 

これが、孤独感です。

 

自分と周りの人を比べて、

自分にないものを見ているのです。

 

だから『こんな状態ではいけない!』と勝手に焦ってしまうのです。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・『自分は誰からも理解されていない』と思っている人に

 

孤独は、理解者がいない時に感じます。

 

例えば、新卒で社会人になって数ヶ月は、つらいです。

 

仕事がわからない、覚えることがたくさん、初めての訪問で緊張する…

 

色々なことがあり、学生時代と違う厳しさを経験します。

 

この時に、辛くなります。

 

でも、この辛さを相談できる人がいません。

 

会社の先輩・友達・親…誰も自分の辛さをちゃんと理解しません。

 

この時に『あぁ、自分の辛さを理解してもらえないんだな』という実感と共に

孤独を感じるのです。

 

『もしかして、自分の心の中にある気持ちを、誰も理解してくれないのではないか』

 

これが、孤独感として大きいです。

 

実は、これも、ほぼ全ての人が感じていることです。

 

では、どうすればいいのか。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・一人にならないと、できないことが山ほどある

 

孤独を感じている時にすべきことがあります。

 

それは、一人の時間にしかできないことを『味わう』ことです。

 

『あぁ、孤独だな・・・』

 

この時に、本を読む。映画を観る。音楽を聴く。

 

その時に味わった作品は、沁みます。忘れません。

他の人が気づかないことに、気づけるようになります。

 

精神的に一人の時間を過ごすことは、自分を最も深める方法です。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・一人にならないと、人のありがたみがわからない

 

そして、孤独の最たるメリットがあります。

 

それは、人のありがたみがわかることです。

 

もし、数ヶ月の孤独の期間を経験したならば、

その人は『人のありがたみ』を心に刻みます。

 

孤独の時間に、人を思い浮かべるからです。

 

久々に人と会った時、

関わっている時間に幸せを感じます。

 

『話し相手がいること』

『連絡を取り合える人がいること』

『自分という人間と関わってくれる人がいること』 

 

この貴重さを知ることができます。

 

孤独とは、人に対する感謝の念を醸成するのです。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

終わりに・・・

 

 

ひとりぼっちに感じても、それは他の人も同じ。

 

そして、自分のことを大切に思ってくれる人が、

孤独の時間を経た後にわかります。

 

その人は、大切な人です。

f:id:watoku55:20180411135924j:plain

その人の存在を、忘れないことです。

 

 

ではまた今度。