日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

行き詰まった時に、元気を取り戻すための3つの方法

まず結論から言うと、
「自然に触れる」「美味しいものを食べる」「本や映画を見る」
この3つです。
 
〜〜〜〜〜〜〜
 
仕事に突き進んでいると、心がカサカサになることがあります。
 
 
やらなければならないことに忙殺されていると、
身体的にも精神的にも、とても疲れます。
 
 
機械のように、黙々と、シゴトをこなす。
 
 
これが続くと、行き詰まったような感じがしたり、
途方も無く感じたりします。
 
 
元気がなくなります。
 
 
そういう時、元気を取り戻すことをしたほうがいいです。
 
 
そこで、元気を取り戻す方法をここではテーマにします。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜
◆自然に触れる
 
 
海、山、空、木、風、草、花、鳥、、、
 
 
これらに触れることです。
 
 
自然と仲良くなると、元気が湧いてきます。
 
 
逆に言うと、自然に触れなくなった時、元気がなくなります。
 
 
お食事会、パーティー、交流会、会議、打ち上げ、
それらに参加してばかりいると、
もっと疲れてしまいます。
 
 
大勢の人といる時間ばかりの人よりも、
自然と向き合っている人の方がおしゃれに感じます。
 
 
単純です、自然から元気をもらっているからです。
 
 
一日に10分でもいいから、自然に触れることです。
 
〜〜〜〜〜〜〜
◆美味しいものを食べる
 
 
これは、高いものを食べるという意味ではありません。
 
 
本当に食べたいと思うものを食べる。
食事を味わい、楽しみ、じっくり噛みしめる。
適当にせず、きちんと、いいものを食べる。
 
 
美味しいなぁ、と感じながらゆっくりと味わうことで、
元気が出てきます。
 
 
忙しいと、食事は適当になります。
 
カロリーを摂るだけの行為になっています。
 
 
牛丼屋のカウンターで5分で食べる、
立ち食いそばで短時間でお腹を満たす、
仕事をしながら菓子パンや栄養ブロックを食べる、、、
 
 
これでは、食事が楽しくありません。
 
 
食事は本来、幸せな時間です。
癒やしの時間です。
 
 
だれでも、楽しみな時間であるはずです。
 
 
でも、他のことを優先して、適当になってしまいます。
 
 
忙しいから仕方ないこともあります。
 
 
でも、食事をおいしく、じっくり楽しむことを忘れないことです。
 
 
食事は、元気を取り戻す、最高の方法であることを、
忘れないことです。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜
◆本や映画に触れる
 
 
心の潤いがなくなると、
どんよりとして疲れてきます。
 
 
余裕がなくなって、
精神的にカサカサになります。
 
 
そんな時は、本や映画に触れて、
人間の心に触れることです。
 
 
作品に触れることの効果は、
心に栄養がいくことです。
 
 
元気が出てきます。
 
 
忘れていた何かに気づきます。
 
 
もし行き詰まったら、本や映画が解決の答えを知っています。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜
 
ストレスはバケツの水と同じように、
溜めこむと溢れてしまいます。
 
 
心を元気にする時間を持つ意識を、
忘れないことです。
 
 
行き詰まったら、
自然か、食か、作品で元気を取り戻すことです。
 
 
ではまた今度。
広告を非表示にする

自信がない人が、自信を持てるようになる1つの方法

結論から言うと、
「仕事を通して、どん底経験をする」
 
これが、自信を持つ方法として、かなり有効な方法です。
 
 
もっと具体的に言うと、
 
 
「とてつもないクレーム体験をする」
「ありえない次元の、きついお客様対応をする」
「裏切られる、騙される、突然消えていかれる」
などです。
 
 
それを乗り越えたら、
自信が持てるようになります。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆自信は、考え方だけではつかない
 
 
自分自身が学生の頃、
自信をつけようといつも思っていました。
 
 
なぜなら、自信がなかったからです。
 
 
「みんな堂々としているけど自分は、、」
「目上の人と普通に接することができない。かしこまってしまう」
「自分って、何もできないんじゃないか」
 
 
というように、どこか心に落ち着きのない学生でした。
 
 
その当時は、自信をつけようとして、
あらゆる自己啓発書や心理学書、ビジネス書を読み漁りました。
 
 
その内容は、新たな視点ばかりで、
確かに考え方や心持ちには変化がありました。
 
 
でも、、、
 
 
知ることと行うことは違いました。
 
 
余計に、落ち込みます。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜
◆どん底経験が、自信になる
 
 
知ることと行うことには大きな差があります。
 
 
これは、あらゆることに共通する真理です。
 
 
要は、頭だけでは解決しないのです。
 
 
考えれば考えるほど、
頭でっかちになっていきます。
 
 
そして、いざ現実の経験をした時に、
「知っていること」と「現実」のギャップに触れて、
自己嫌悪に陥るのです。
 
 
では、どうすれば自信がつくか。
 
 
もう、これは経験するしかないです。
 
 
経験(実践)を通じてのみ、
「自信」という状態がついてきます。
 
 
心の状態は、
つけようとしてつけるものではない。
 
 
いつの間にか、
ついているものです。
 
 
そのためには、
色々な経験をするしかないのです。
 
 
特に、どん底経験があれば、なおいいです。
 
 
とんでもないお客様の対応をする羽目になった。
考えられない無理難題を投げかけてくる人に対処した。
騙された、裏切られた、いきなり消えていかれた。。。
 
 
様々な「ありえない」経験をすると、
免疫力がつきます。
 
 
これは「人間に対して」「社会や世間に対して」「仕事に対して」など
様々な免疫力です。
 
 
究極、「まぁ、こういうこともあるんだよね」
という心の余裕が出ます。
 
 
これが、自信です。
 
 
「ありえない!」とビックリするのではなく、
「きましたか」と受け入れられる。
 
 
これは、知識ではなんともなりません。
 
 
逆に言えば、
仕事をしていればいいのです。
 
 
仕事をする中で、
必ずなんらかの「ありえない経験」の時期が訪れます。
 
 
それを、逃げずに、受けて立つのです。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜
◆魅力とは、様々な経験をした後につく、人間の雰囲気
 
 
雰囲気がいい人がいます。
 
 
それは、様々な経験をしてきたからです。
 
 
ある種の落ち着き、品格、自信、
それらは、経験によります。
 
 
それが、人間の魅力です。
 
 
素敵な人は、
様々な経験をして、
ひたむきに進んでいるのです。
 
 
 
ではまた今度。
 
広告を非表示にする