【会社員を辞めたい人に向けて】 早く知っておけばよかったこと

同じものから、1気付くか、10気付くか、100気付けるか

クレームを出して去ったお客さんは、本当はもう一度戻って来たい

仕事でこんなことがありました。
 
あるお客さんの話です。
 
そのお客さんは、一度、取引がありました。
 
しかし、注文いただいた商品の納期が指定日時より遅延したために、
キャンセルになった方でした。
 
「納期の指定をしたから、その日は準備しておいた。
それなのに、なんの連絡もなく、届かないのはどういうことだ!
こっちだって時間をとっていたんだ、その日以外だと時間が取れないんだ!」
 
その時のクレームは激しかった。
 
お怒りになって当然のものではありましたが、
非常にエネルギーのいるものでした。
 
〜〜〜〜〜〜〜
◆一度怒った。けれども、本当は戻って来たいこともある
 
 
そのお客さんは、もう二度と、戻っては来ないだろうと思っていました。
 
しかし、およそ2ヶ月後。
 
戻って来たのです。
 
こちらは顧客情報が残っているため、
そのお客様の対応履歴があります。
 
『あ、このお客さんは、一度激しいクレームになった方だ』
 
こちらは相手のことがわかっている。
けれどもそのお客様は初期対応時から、
こちらを一度利用したことがあることを、見せないようにして来たのです。
 
『このお客さん、なにも無かったかのように来てくれている。
そうか、本当は注文したかったんだ。戻って来て利用したかったんだ。
でも、一度クレームを出したから戻りにくい気持ちを抱えていたんだな。』
 
ぼくはそのお客さんに対して、
当社がまったく初めての利用であるという態度で対応しました。
 
結果的にそのお客様から、通常通りのご注文を頂くことになりました。
 
去り際にそのお客さんから。
『はい、じゃあよろしく、ありがとう』
 
この言葉で、なんの問題もなく終わったのです。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜
◆相手が嫌いなのではない。その時、許せなかっただけだ。
 
このお客さんの気持ちは、とてもよくわかりました。
 
ぼくも以前、同じ経験があるからです。
 
いつも利用しているお店で、
対応が気になったのでその場でクレームを言ったのです。
 
そのときは、とても不愉快な思いをしたので、
真剣に、お店に対してクレームを言いました。
 
そのときは、もう二度と利用するのはやめようとも思いました。
 
でも、そのお店は今まで何度も利用していた。
お店を嫌いなわけでは、まったくないのです。
 
ただ、その時に、許せなかったのです。
 
〜〜〜
 
クレームを出したとき、
相手方に対して全面的に否定することは稀です。
 
たいていは、その時に(ある個人に)不愉快な思いをしただけです。
 
でも、クレームを出したら、再びはどうも戻りにくい。
 
一度、相手側に強く出たから、また同じように行くのも気が引ける。
 
 
人間の心理として、
一度怒りを向けたお店(人)に対して、
もう一度戻っていくことはためらいを感じるものです。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆人間の、普通の心理を感じよう
 
一度、離れて行った後に戻るとき。
 
ためらい、照れ、恥じらい、後ろめたさ、、、
そういう感情を抱きます。
 
その、感情のひだ、細やかな気持ち、切なさや悲しみ、
これを相手に感じることができたら、少し相手の見方が変わってきます。
 
ためらいを抱きながらも戻ってきてくれていること。
それを、感じることです。
 
人間の普通の心理、
こういう部分を感じることは、日本人は得意です。
 
日本人なら誰でも持っている、魂です。
 
〜〜〜
 
仕事場でのお客さんとの関わり以外にも。
 
どんな場面でも、
「あの時は離れていったけど、、、」
「本当は、そこに戻りたいんだよね」という気持ち、ありませんか。
 
 
もし、一度離れて行ったある人が戻ってきたとしたら。
相手の気持ちを想像してみると、少し優しくなれそうです。
 
 
ではまた今度。
 
 

 

【スポンサーリンク】

あらゆる経験は、すべて、誰かの役に立つ

すべての自分の経験は、他の人にとっては「知らないこと」である可能性が無限にあります。
 
 
 
 
 
自分にとっては、なんてことない当たり前なことが、他の誰かにとっては「知りたかった」「役に立つ」ことはいくらでもあるのです。
 
 
 
自分の経験を、「何の変哲もない普通のことだ」「役にも立たないし小さいし取るに足らないものだ」と思うのはもったいないです。
 
 
 
〜〜〜〜〜〜〜
 
◆「経験済みなこと」は、他の誰かにとっては「初めてなこと」
 
 
 
 
 
ぼくが初めて家から出て一人暮らしをすることになった時、初めてなことが沢山あっていろいろと戸惑いました。
 
 
 
 
 
•アパート探し
 
•賃貸契約や入居してからの各種手続き
 
•お金の工面
 
•家具揃え
 
•役所への手続き
etc...
 
「こんなにやることあるの?」
「みんなこの経験してるんだ、すごい」
「いろいろあって、わからないこと多いな...」
 
 
当時は、わからないことだらけで、面食らいました。
 
みんな、これ知ってるのかなと、素直に疑問を感じました。
 
 
初めてのアパート探しの時なんて、不動産屋に入って、何をすればいいかさえわからなかったのです。
 
 
初めての一人暮らしスタートの日、アパートに入ってしばらくして気付いたのは、「電気と、カーテンと、トイレットペーパーと、コップがないじゃん」
 
というものでした。
 
次の日もその次の日も、「塩としょうゆがない、洗剤がない、トイレを磨くブラシがない、ハンガーがない...」と、ないものだらけだと気付いていった日々。
 
〜〜〜
 
すでに経験した人からすれば、なんてことないものです。
 
 
 
でも、初めての自分からしたら、なにもかも戸惑うことだらけなのです。
 
 
 
ぜんぜん、知る由もないことばかりです。
 
 
 
『他の誰かから話を聞いていればどれだけラクだったろう』
そう、思った次第です。
 
〜〜〜〜〜〜〜
◆当たり前の経験は、他の誰かにとっては当たり前ではない
 
 
 
 
 
「本の編集をやっています。本が出版されるまでの流れ•何をするのか、を知っています」
 
 
 
「30カ国を一人旅しました。すべて自分で調べて手探りで苦労しましたが、楽しかった」
 
 
 
「会社に就職したけれど、どの会社も違和感を感じて、ついに起業しました。それから数年後、事業がうまくいかず、再度会社に就職しました」
 
 
 
「30代で病気になり、一年間、入院することになりました。まさか自分が病気になるとは思ってもなかった」
 
 
 
「結婚して、子育ての最中です。今は、子供が小学校に入学するために準備中です」
 
 
例をあげればキリがありませんが、要は、経験した人にとっては当たり前のことでも、未経験の側からしたら「知りたい」ことが無限にあるということです。
 
〜〜〜〜〜〜〜
◆情報は、人を助ける
 
 
「経験」は、貴重な「情報」になり得ます。
 
情報は、人を助けます。
 
善意の情報発信であるならば、それは、あらゆる人の役に立てる可能性があるのです。
 
 
知らない人は、情報を得ることで、うまくいく方向に進めるのです。
 
未来が変わるのです。
 
 
一人ひとりが持つ「目立ったことでもないし、取るに足らない」と思っている経験たちは、誰かの未来を変えていく可能性があるのです。
 
 
経験は、それがたとえどんなものであったとしても、人を助けられるのです。
 
 
言い換えると、すべての人は、いつだって誰かを、助けることができるのです。
 
〜〜〜
 
この際、助ける人の「数」は、関係ない。
 
まずは、少しずつでいい。
 
究極、目の前のひとりでもいい。 
 
 
経験を、誰かのために役に立てようという意識で過ごせたら、それだけで素晴らしいと思う。
 
 
今(今まで)もし、大変な経験をしているとしたら、その経験分だけ将来、きっと誰かの役に立てる。
 
 
ではまた今度。
 

 

【スポンサーリンク】

出会う方法は、「出会おうとしない」こと

f:id:watoku55:20210211142732j:plain

 

「出会いたい」と思った時。

すぐ浮かぶのは「出会うための行動をする」です。

「合コン」「パーティー」「飲み会」「二次会」「紹介」・・・

でも、これでは出会えない。
そう、思っています。

今までの出会いを振り返ってみて、
「出会おうとした」ときに、本物の出会いがあったことはないからです。

今でも付き合いのある人、共にいて充実を感じる人、自分でいられる人、安らぐ人、
それらの人との出会いを振り返ってみて、
「出会おうとした」ことなんて一つもなかった。

『いつのまにか一緒だった』
『気がついたら出会っていた』

そんな感じです。

人間同士の本当の出会いに、
「さあ出会うぞ!」なんて、そんなものいらないのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆出会いを、焦らない

「出会い」について、
失敗するのは「焦る」時です。

「出会い」は、出会っていない時は憧れます。

「出会いたい」と、切望します。

それでも出会わないと、焦り始めます。

ここで、たいていは「出会う」ことを求める行動をします。

「寂しい」
「出会わなくちゃ」
「みんな出会っているからじぶんも」

こうして、「出会い」に行く。

この時点で、「出会う」という行為に不純なものが混じります。

「焦り」「不安」「寂しさ」「周りとの比較と強迫観念」そういうものが混じってきます。

心の隙間を埋める為に、
何らかの行動をとらざるを得ない感じです。

これで、充実や安らぎを感じる出会いが訪れるとは思えません。

なぜなら、その場にいる人はおそらく大半が、
心の隙間を埋めようとしている人だからです。

焦っても、充実を感じる出会いはまずありません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆出会いを、求めない、広めない、増やさない

「出会い」がないとき、
もう一つ失敗するのは「出会いを増やそうとする」ことです。

充実を感じる出会い、心から安らぎを感じられる出会い、
そんな出会いをしていないと、数を集めて安心を得ようとします。

「たくさんの出会いを持つ」ことで、
なんとか自分自身の心の隙間を紛らわそうとします。

「自分にはたくさんの出会いがある」と感じることで、
安心しようとします。

でも、本当は、どこか寂しさを抱えています。

心から充実した時間を過ごせる人との出会いがないから、
別の形で安心を得ようとする寂しさがある。

でも、数を集めて、薄い、浅い、出会いを持っていっても、
心の潤いを感じることができなくて、
余計に寂しくなるだけな気がします。

大勢で騒いだ直後に、
一人になってみた時のあのなんとも言えない寂しさは、たぶんこれです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆出会いは、出会おうとしないときに訪れる

・出会いを焦らない
・出会いを増やさない

この二つを守るだけで、
ずいぶん違ってきます。

エネルギーを「出会うこと」に費やすのではなく、
『目の前のこと』か『自分』に向けることで、最も出会えます。

『目の前のこと』とは、仕事や勉強をひたむきに行うこと。
『自分』とは、自分と向き合うこと。

経験上、これが、最もいい出会い方です。

面白いことに、
「こうなったらひとりで行こう」
「仕事と勉強をひたすら頑張ろう」と、
出会おうとか思わなくなったときに、ポンと出会えるのです。

出会いを焦ったり、周りを気にしたり、比べたり、無理したり、変に行動したり、
そんな時には出会えなかったのです。

〜〜〜
究極、最も充実を感じるひとりの人と、出会えるかどうかです。

充実や安らぎを感じないのに、寂しいからといって出会っても、
心の奥底ではどこか寂しさが残ります。

出会おうとするほど寂しさや虚しさが訪れる。
逆に、出会おうとしないでひたむきに目の前のことをやっていくと出会える。

「出会い」はたぶん、

向かっていくものではなくて、気がついたらそこにあるもの。


ではまた今度。

鬼のような上司は、実は優しい人だった

『俺は酒なんて本っ当に嫌いで、できれば一滴も飲みたくないね』
 
それを言ったのは、接待やお酒の席で「右に出る者はいない」と言われる上司でした。
 
〜〜〜
 
その上司がこの度、退職することになると聞きました。
 
普段は別部署で会わない方でしたが、たまたま会社で会えたので30分ほど話し込みました。
 
そこで出てきたのが、『酒なんて嫌いだよ』という言葉だったのです。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜
◆人がやりたがらないことを引き受けるのは、思いやり
 
 
その上司は、飲みの席ではみんなから「鬼」と呼ばれるような方でした。
 
ぼく自身、その上司は「飲んで飲ませる怖い人」「お酒好き」という印象でした。
 
この際退職前に、踏み込んで、その上司のことを聞きました。そして、仕事とお酒の話からこんなことを言ったのです。
 
 
『接待とか誰もやりたがらないんだよ。だから俺がやってるだけ。
 
お酒の席でまとまる話なんてゴマンとあって、それをみんなやりたがらない。
 
だから俺がやるしかないと思ってやってんの。
 
俺なんて、酒なんか大っっ嫌いで一滴も飲みたくないね。
 
出来るならウーロン茶とかジュース飲みたいし、うちに帰って蕎麦でもすすっている方がいいんだよ、本当は』
 
 
 
『みんな、接待とかお酒の席って嫌がるんだよ。俺も嫌だよ。
 
でも、誰かやんないといけないからね。それを腹くくってやってるだけ。
 
だから今、こうしていられるわけ』
 
 
この方はプロだと思いました。
 
揺るぎなく自信ある風情を醸し出している理由が、直感できました。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜
◆プロ意識を学ぶ
 
 
人が嫌がることは、自分も嫌なこと。
 
自分が嫌なことは、人も嫌がること。
 
たいていのことは、これが当てはまる。
 
でも、それを言っていては、始まらない。
 
仕事なんて、人が「嫌がること•面倒なこと」がほとんど。
 
だから、あえて自分がやっていかないといけないこともある。
 
 
あらゆることを、仕事だと思って、やる。
 
 
上司の上司たる所以は、心意気とか覚悟にあることを学びました。
 
「尊敬」という言葉が、こんなにもしっくりくる人は初めて。そんな気持ちでした。
  
〜〜〜〜〜〜〜〜
◆覚悟と、思いやり
 
 
人がやりたがらないことを引き受ける。
 
これは、覚悟が要ります。
 
誰もが嫌がり、自分自身も嫌なことに、あえて向かっていくには「覚悟」というものが要る。
 
 
それからもう一つ要ること。
 
それは「思いやり」とか「優しさ」です。
 
ぼくは「鬼」だと思っていたその上司に、
「思いやり」という心を見たのです。
 
普段、優しさとか温かさを表に見せることはないけれど、
実は、根っ子から「思いやり」ある人だったのです。
 
表面的に「優しい」とか「思いやりがある」なんてものではない。
 
もっと大きく、もっと深く捉えた中での、「思いやり」を知りました。
 
〜〜〜
 
「鬼」は、本当は鬼ではない。
 
「心優しさ」を秘めていて、
人には理解されない部分を持ち、
哀愁すら抱えた存在なんですね。
 
〜〜〜
追伸
これからも、どこかで、活躍していって下さい。
大切な言葉、ありがとうございました。
〜〜〜
 
 
ではまた今度。

 

【スポンサーリンク】

本や文章を読むことに時間をかけ過ぎたり、読んで落ち込んだりする必要はない

本や文章は、それを読むこと自体を目的とするのではありません。
 
今よりも向上するため、
人生を良くするため、
幸せに過ごすため、
元気になるため。
 
そのための手段です。
 
本や文章を通して、人生を楽しく過ごすことができるようになる。
 
そうするために、本は使っていっていいものだと思っています。
 
人生を過ごすために時間はあるのであって。
時間を、読むことにかけ過ぎなくてもいい。
はたまた、本や文章を読んで、自分を落ち込ませたりなんて、とんでもない。
 
目的を、間違えないことです。
 
〜〜〜
 
視野が広まること。
今よりも良くなること。
人生が素晴らしく見えること。
 
そういう文章が、自分は好きです。
 
本や文章で、そういうことが叶うなんて、よく考えるとすごいです。
 
今まで読んできたものは、そういうものを選んできました。
 
ほんの5分読んだだけで、心が明るくなれるような。
 
そういう本や文章は素敵です。
 
〜〜〜
 
繰り返しますが、目的は、今よりも良くなることです。
 
今よりも悪くなること、暗くなること、後ろ向きになること。読んで、そういう気持ちになるようだとしたら、そこからは離れていいと思っています。
 
心を暗くするほど、人生は長くないからです。
 
・読むことに時間をかけ過ぎなくていい
・読んで気持ちを暗くしなくていい
 
 
ではまた今度。
 

 

【スポンサーリンク】