watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

話が面白くなる、たった一つの方法

それは、「一人でいること」です。
 
これは、話し方とか、伝え方などの、テクニックの話ではありません。
 
もっと、根本の話です。
 
〜〜〜〜
◆一人でいる人は、勉強している
 
一人でいる人は、勉強していられるからです。
 
 
本を読む、映画をみる、自然に触れる、自分を見つめる、自分の過去と将来を見つめる、、、
 
あらゆることは、一人のときにしかできません。
 
そして、人間が深まる時は、一人のときにすることの積み重ねです。
 
その積み重ねを経ている人の話は、面白いです。
 
〜〜〜〜〜〜〜
◆好きな人と会う時のために、一人で勉強する
 
大勢といたり、たくさんのスケジュールがあったりすると、自分の勉強の時間がなくなります。
 
大勢といるところで繰り広げられる話は、取るに足りないものです。
 
そこに、深まる話はありません。
 
 
一人でいられないと、深まることができないのです。
 
 
一人でいる時間に、たくさんの本を読み、ものを考え、自然に触れる時間を経たあと。
 
その経験を、好きな人と会う時に話せます。
 
 
だから好きな人と会う時のために、一人で勉強しないといけません。
 
 
時間の使い方は、好きな人を基準にすると、一本の明確な軸が通ります。
 
〜〜〜〜〜〜〜
◆一人で居る人は、話の中身が違う
 
一人でいる人から出てくる話は、やっぱり面白いのです。
 
勉強量の違いです。
 
大勢と、薄い浅い話をしていては、話は深まり得ない。
 
一人でいることで得られるものは、最も大切なものです。
 
 
ではまた今度。
広告を非表示にする