「物を書くこと」ほど素晴らしいことは、そんなにない

書くことは僕にとって、なくてはならないものです。
 
 
 
気がついたら、書いています。
 
 
 
書き始めると、止まらなくなります。
 
 
 
いつの間にか、1時間経っています。
 
 
 
なぜ、書いてしまうかというと、たぶん楽しいからです。
 
 
 
人生の中で結構な時間、僕は書いています。
 
 
 
それくらい、好きなのです。
 
 
 
「好き」という感覚も違和感があって、
 
どちらかというと、書かずにはいられないのです。
 
 
 
〜〜〜
 
 
 
書くことは、僕にとって素晴らしいことです。
 
 
 
得するかどうか、意味があるかどうか、良いことなのかどうか、
 
それはわかりません。
 
 
 
そういう問題ではないのです。
 
 
 
「物を書く」ということは、気がついたらしてしまうことなのです。
 
 
 
呼吸をすることと同じ感覚です。
 
 
 
〜〜〜
 
 
 
なにかを経験し、気づき、それらを書いていく。
 
 
 
考え、感じ、思い出し、言葉にする。
 
 
 
日常で起きたこと、喜怒哀楽、失敗と成功、
 
あらゆる出来事が、物を書くことで膨らみ、深まり、残っていく。
 
 
 
これが、好きなのです。
 
 
 
もし、続けるための秘訣はなにかといわれたら、それは「好きなことをする」です。
 
 
 
努力とか、我慢とかは、いりません。
 
 
なにかを続ける際に、「頑張れ」とか「忍耐強く」とかいうアドバイスは、間違っています。
 
自分の中で、我慢もない、無理もない、努力もない、それでもやってしまうことがある。
 
 
これほど素晴らしいことは、そんなにないのです。
 
 
 
 
 
ではまた今度。