日々の気づき 〜仕事・お金・人間関係〜

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

目の前に居る人を、大切にするだけでいい

今まで繋がっていた関係の人が離れていった。

疎遠になった。

会わなくなった。


今までの人間関係が失われていく時、
それをマイナスに考えてしまうことがあります。

長い間、共に時間を過ごしてきた人。
数少ない親友。
なんでも話せる人。

そういう関係性であるほど、
関係が失われていくことに寂しさ、切なさ、孤独を感じてしまう。

場合によっては、離れて行ったり、いなくなったりした人を、追いかけようとする。


でも、そんなことはしなくていい。

なぜなら、人間関係が失われていっても、
目の前にはいつも人がいるからです。

目の前の人を大切にしていけばいいのです。

〜〜〜〜〜〜
◆前の人間関係を、目の前の人に持ってきてはいけない


もし友達が「私には親友がいたけどいなくなったんだよね。本当の友達がいない」
と相談してきたらつらいです。
目の前にいるじぶんは、なんなんだろうと思います。


付き合っている相手から「前の恋人はここがよかった…」なんて話を聞いても、
いい気持ちはしません。
目の前のじぶんはどこに行ったのかと切なくなります。


部下が上司に向かって「前の上司はこうしてくれたのに」と言ってきたら、
上司の立場がありません。

〜〜〜

以前の人間関係を、いま目の前の人に持ってきたら、
目の前の人に失礼です。

以前の人と比較されること、
目の前にいる自分をないがしろにされていること、
そこに、悲しみがあるのです。


目の前の人を、大切にすることです。

常に、いま、そこにいる人が大切にすべき人です。


別れても、いなくなっても、失っても、疎遠になっても、裏切られても。

いま、目の前に人が居てくれることのありがたみを、感じることです。


ではまた今度。
広告を非表示にする