日々の気づき 〜仕事・お金・人間関係〜

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

禁煙は、しなくていい

ぼくの周りで禁煙に挑戦した人で、
うまくいった人はなかなかいません。

「禁煙て、すっごい難しいんだな」といつも思う。

(ぼくは吸わないので、本当はどんな気持ちかわからないのが実際のところ)

今日は、結論から言うと
「禁煙は、しなくていい」というお話です。

 

〜〜〜〜〜〜〜
◆「ニコチンパッチ」に挑戦した先輩の場合


ニコチンパッチとは、
腕の皮膚のうすい所に、ニコチンが含まれたシール(パッチ)を貼って、
体がニコチンを欲することを止めて、禁煙を試みるもの。

これを試みたのは会社の先輩。

〜〜〜
先輩:「このシール貼ってたら、タバコ吸いたくならないんだってさ」

と言って、得意げにニコチンパッチを見せてくれた。

先輩:「やっぱりさ、たばこ体に悪いしお金かかるし、
わたし女だしね、そろそろやめないとってずっと思ってて」


意気込みは十分あるようだ。

パッチは値段が結構するらしい。
「たばこより値段高いよ」とは言うものの、
先輩はマジメにパッチを使っていた。

〜〜〜
先輩がニコチンパッチを利用して1週間後くらい経ったある日。

その先輩を交えて会社の人たちと飲みに行った。


そこで、ぼくは見てしまった。


先輩が、タバコをふかしている姿。

(フツウに、吸ってるやん・・)


ぼくは、先輩に聞いてみた。

ぼく:『あれ、ニコチンパッチはどうなったんですか。禁煙するって話は・・』


先輩は、腕を見せた。
そこには、ニコチンパッチが貼ってある。

ぼく:『・・・(パッチ貼って、タバコ吸ってる)』

言葉を頑張って探してはみたけれど、
この言葉しか出てこなかった。


ぼく:『意味、ないじゃないですか』


先輩:「やっぱね、吸いたくなるって。やめられんね」

先輩は、開き直っていた。
爽やかでさえあった。

〜〜〜〜〜〜〜
◆タバコは、やめられないらしい

長年の喫煙者からすると、タバコは、吸わないと落ち着かなくなるようです。


これも実際の話ですが、「タバコやめる!持っているから吸ってしまうんだ!」と言って、
タバコの箱ごとバーンとゴミ箱に捨てて、
翌日ふつうに、新しく買ったタバコを持っていた友人もいました。

もはや、ちょっとしたコメディです。

タバコをやめることは、喫煙者からすると、結構なストレスになるようです。

〜〜〜〜〜〜〜
◆「やめなくていい」と思えば、楽になる


食べ過ぎ、飲み過ぎ、喫煙、衝動買い、ケータイ依存、、、etc

人間、誰にだってやめられないことはあります。

その、やめられない行為を無理にやめようとすると、ストレスがかかります。

合理的にみて良くないことを合理的に解決しようとしても、
なかなかうまくいきません。

うまくいかないこと、
それが、余計にストレスになります。

それだったら、やめなくていいんじゃないでしょうか。


「じぶんは、思いっきり食べるんですよ」と言って、
バカバカ食べる方が、清々しいです。

みっともないのは、「食べないようにしてるんです」といって、
実は裏で結構食べていることです。

じぶんの行為とか性向を、
押さえつけようとしない方がストレスフリーです。


たとえば、お酒を飲むと暴れるとか、買い物し過ぎでローン地獄になるとか、暴飲暴食で本当に病気になるとか、
日常生活に重大な欠陥を及ぼしたり、周りにつらい思いをさせてしまったりするなら、やめるべきです。

でも、そうでないなら堂々としていていい。


なんでもそうですが、悩みすぎる原因は、
「あれしてはいけない、こうしなければならない」と、
常にじぶんをストレスに追い込んでいるからです。

「しないといけない」と思っても、できないから落ち込む。

思いに縛られていると、その思いに支配されます。

それは、つらくないですか。 

〜〜〜
できない、って最初から言えばいい。

解き放たれると、ラクになります。

満足感は、自分のものです。

無理に、なにかを押さえつけようとはしなくていい。

それが、無用なストレスを抱えない
大切な一つの考え方だと思っています。

 

※追伸

「バカバカみんなタバコ吸おう」という主旨ではありません。

 

ではまた今度。

 

 

広告を非表示にする