人は、コミュニケーションで人を好きになる。

人を好きになるのは、コミュニケーションを交わした人です。

話しかけやすい人。

 

きちんとしなくていい、どうでもいい話ができる人。

リラックスして話せる人。

あわせて、きちんとした話もできる人。


あらゆる会話が交わせる人とは、一緒にいて楽しいです。

そういう人を好きになります。


逆に言うと、話せる人としか仲良くなれません。

会話のない人といることは、楽しくないからです。


笑えない、
ふざけられない、
話しかけられない、
きちんとしないといけない、  
事務的なことしか話せない・・・etc

そんな人とは、一緒にいても好きになれません。

どんなに見た目や性格がよくてもコミュニケーションがない人は、
コミュニケーションが心地いい人にはかないません。


ぼくにとって、
リラックスして会話を交わすことはそれ自体、とても幸せなことです。


人と会う理由は、その人と話がしたいからです。

コミュニケーションを取りたいからです。

自分が自分でいられる状態で、
コミュニケーションをとることが心地いいのです。

話の内容とか中身はなくもいい。


好きになれるかどうかは、
コミュニケーションが心地いいかどうかが左右します。

 

あらゆる「相手に好かれる努力」は、

相手にとって「コミュニケーションが心地良い存在であること」を目指すといい気がします。

 

ではまた今度。