読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

「魅力」とは、カッコつけないこと

「魅力」というと、スタイルがいいとか、見た目が美しいとか、そういう要素に目が行きがちです。
 
 
でも、もっと魅力的なのは「カッコつけないこと」です。
 
 
 
〜〜〜〜〜〜〜
 
◆「どうだ!」という姿勢でこられると、疲れる
 
 
見た目がキレイで、ピンと背筋を張らせていて、髪をアップにして、いかにも美を意識した人がカフェにいました。
 
 
 
たしかに、見た目はいい。
 
 
 
でも、見ていて落ち着かなかったです。
 
 
なんだか、「どうだ!」という感じです。
 
一緒にいると、たぶん疲れます。
 

〜〜〜
共に居て疲れる人は、魅力的ではありません。
 
 
自然にいられないと、負担なのです。
 
 
 
「モデル体型で、ハイヒールで、開襟シャツで、ミニスカートで、背筋を伸ばして颯爽と歩く女性」が、魅力的なのかというと、そうとは言えないのです。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜
 
◆魅力とは、その人と居ると穏やかな気持ちでいられること
 
 
一緒にいて穏やかな気持ちでいられることが大切です。
 
 
 
魅力とは、そういうところです。
 
 
 
日常で、その人と楽しくいられることが大きな魅力です。
 
 
 
いつも、美を前面に押されても、そんなに響かないのです。

 
 
人との関係は、究極、日常生活が勝負です。
 
 
 
家に帰って、そこにいる女性が美を押してきても、疲れるだけなのです。
 
 
 
求めるのは、落ち着きです。
 
 
猛烈に仕事した後に欲しいのは、リラックスです。
 
 
魅力の要素でポイントが高いのは、究極、その人と居て落ち着けることです。
 
 
 
「どう、キレイでしょ!」なんて来られても、めんどくさいです。
 
仕事が終わってゆっくり食事をしたいときに、穏やかな気持ちでいられることは、とても嬉しいし魅力を感じるのです。
 
「リラックスできること」が、魅力です。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜
◆行き着くところは、日常生活でどう居られるか
 
 
魅力とは、非日常的なものではなくて、もっと日常的なところにあります。
 
人と付き合うこと、恋愛とか結婚、長期的な人間関係、そこは究極、日常生活という反復作業の世界です。
 
その日常生活の中に、本当の「魅力」が出るのです。
 
 
 
ではまた今度。
 
 
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする