読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

人といる時に感じる孤独感は、ひとりでいる時の孤独感より大きい

考え方 孤独 暮らし 人間関係 気づき
孤独感や寂しさは、普通、ひとりでいる時に感じます。
 
会話する相手がいない。
ご飯を食べる相手がいない。
一緒に出かける相手がいない。
 
これは、ひとりでいる時に味わう孤独感です。
 
この「ひとりでいる時の孤独感」より大きいものがあります。
 
それは、「人といる時に感じる孤独感」です。
 
今回は、人といる時にこそ感じる孤独感を、
「大勢といる時に感じる孤独感」と「大切な人との間に感じる孤独感」の、2種類に分けて考えます。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜
◆大勢といる時に感じる孤独感
 
一つ目が、大勢といる時に感じる孤独感です。
 
たとえば、知らない人が大勢いるパーティーに参加した時。
 
周りの人は皆、盛り上がっているように見えて、自分だけ溶け込めないでいる時。
 
ここで、孤独を感じます。
 
 
あるいは、参加者の誰かと話をして、ひとりにならなかったとしても。
 
取り繕って、明るく振舞って、表面的な挨拶と会話だけして、どうでもいい話をして。
 
パーティーが終わって帰ってきた後、無理をした自分を振り返って、余計に寂しく感じる。
 
大勢の人といたにも関わらず、余計に孤独感を味わう。
 
 
この種の孤独感は、ひとりでいる時に感じるものと意味が違って、大きいです。
 
〜〜〜〜〜〜〜
◆大切な人との間に感じる孤独感
 
そして、もう一つが、大切な人との間に感じる孤独感です。
 
たとえば、自分の気持ちをわかってもらいたいことがあったとして。
 
自分にとって近しい人や大切な人に、その気持ちを伝えようとした。
 
でも、相手は自分の気持ちをわかってくれなかった。
 
その後、何度もサインを示していたけれど、気づいてくれなかった。
 
言葉で伝えても、取り合ってくれなかった。
 
 
この時、孤独を感じます。
 
目の前に相手がいるのに、ひとりぼっちを感じます。
 
数少ない大切な人に、自分の気持ちをわかってもらえなかった。
この時、寂しさはとても大きくなります。
 
関係性は「ふたり」であったとしても、
心の中は「ひとり」である状態。
 
これは、最も寂しいです。
 
この種の寂しさは、ひとりでいる時には感じ得ない、孤独感の最たるものです。
 
〜〜〜〜〜〜〜
◆人といる時にこそ感じる孤独感を知れば、心を深められる
 
 
寂しさには、バリエーションがあります。
 
「ひとりだから孤独を感じる」だけではなくて、 
人といる時にも、孤独感は存在するのです。
 
人といる時だからこそ、その時に味わう寂しさは深みを持ちます。
 
この、寂しさのバリエーションをたくさん知っている人はきっと、
心を深めています。 
 
〜〜〜
 
寂しさや孤独感は、避けられません。
 
どこにいっても、全ての人が直面する問題です。
 
寂しさは、無くさなくていいのです。
 
心を深めるために、必要だから。
 
 
ではまた今度。
広告を非表示にする