手帳は、いらない

紙の手帳を、使い切ったことが1度もありません。

今までに4〜5回手帳を買ってはみましたが、いつも数ヶ月経つと使わなくなるのです。

なぜ使わないのか。

自分なりの考え方として浮かんだのは、「大事な用事は、手帳に書くまでもなく覚えている」というものです。

極端に言うなら、「書かなくても覚えている用事以外は、必要ない」というもの。

〜〜〜〜〜
手帳を持たない理由は、色々です。

•書くほど沢山の予定がない
•手帳に書かなくてもメモ書き(付箋など)でこと足りる
•手帳を持ち歩きたくない
•最近はスケジュールならスマホのカレンダー機能でも十分メモできる
•予定を入れることがあまり好きではない(時間の自由度を求める)

とにかく、自分自身には、手帳が必要ないのです。

〜〜〜〜〜

かつて「夢に日付を!」という渡邉美樹社長の本がありました。

自己啓発本にもよく、目標や予定を日付含めて書くことが、成功方法とし重要視されています。

「スケジュールをつける」「目標や予定をあらかじめ決める」ことが、さも当然であるように考えてしまう。

でも、ちょっと待って欲しい。

本当に大事な用事。
人生で本当に重要なこと。

それって、書かないと覚えられないのか。

書くことで意識させる必要があるくらい、「覚えておかなければならない」ことなのか。

自分にとって大事なことは、なにがあっても忘れないものなんじゃないか。


大事なことは、忘れない。

手帳に、頼る必要はない。

だから、手帳、使わなくていい。

そう、思うことにしています。


ではまた今度。