読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

コミュニケーションが増えると、離職率が低下する

人間関係 仕事

職場において、
コミュニケーションの量がいかに大事かを感じます。
 
おおよそ、離職する人の傾向として、
コミュニケーションがうまくいかなくなったことが原因であるようです。
 
言い換えると、
コミュニケーションが無いためにその場にいることができなくなるのです。
 
〜〜〜〜〜
◆人と会話が無いことはつらい
 
仕事をする中で、
人と何気ない会話をやり取りすることは大事です。
 
もし、会社にいて周りの人と会話が無かったら、
結構つらいです。
 
会話が無いと、
その場にいることが肯定できないからです。
 
言い換えると、
所属感がないとつらいのです。
 
その場にいても、
誰とも関わり合えていない感じ。
 
おそらくここに、人間のつらさを感じます。
 
会話が無いことは、
結構しんどいのです。
 
〜〜〜〜〜
◆なんでもいいから話しかけることの大切さ
 
逆に言うと、
なんでも良いから会話があると明るくなれます。
 
『周りの人と、この場にいる人と、コミュニケーションが取れている』
 
これは、その場にいる意義となります。
 
人との関わり合いがあることは、
所属感を満たすという人間の重要なところを満たします。
 
要は、なんでもいいから話しかけることが重要なのです。
 
自他ともに、話題の中身に関係なく、
とにかく会話することで、お互いが明るくなります。
 
これが、会社やサークルに置ける組織ではとっても大事です。
 
〜〜〜〜〜
◆中身はどうでも良い。話をしよう
 
いい話なんて必要ありません。
 
ためになる話、気の聞いた話、そんなものいりません。
 
ただ、なんでもいいから、話す。
 
言葉を交わす。
 
コミュニケートする。
 
それだけで、
チームは活性化します。
 
その場から離れたくなくなります。
 
コミュニケーションをバカにしてはいけないのです。
 
 
ではまた今度。 
広告を非表示にする