watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

「夢を持て」「目標を明確にしろ」と言われても、わからない

「夢を持て」「目標を明確にしろ」と言われて、

はっきりとした夢や目標を答えられる人は何人いるだろう。

 

ぼくは「わからないよ、そんなの」というのが正直な実感でした。

 

特に、大学生の頃はそうだった気がします。

 

〜〜〜〜〜

 

以前、大学生の頃、

自己啓発本を読みあさっていた時期がありました。

 

自己啓発本には頻繁に

「夢を持て」

「明確な目標を立てろ」

「鮮明に将来をイメージしろ」

という言葉が出てきます。

 

でも、「目標を持つことで成功の近道になる」なんて頭ではわかっていても、

実際には困りました。

 

 

当時、夢なんて持とうとしても全然わからなかったからです。

 

 

「お金持ちになりたい」

「自由な生活を送りたい」などの漠然としたものはありました。

 

でも、当時は具体的に「こうなる!」なんてものはわかりませんでした。

 

本に「目標を持たないと成功できない」と書いてあるたびに、

心配になりました。

 

「夢や目標が描けない自分って、ヤバいんじゃない?」

みたいに思っていました。

 

〜〜〜〜〜〜〜

 

最近気付いたことがあります。

 

「夢や目標は、どんなに頭で考えてもわからない」

「夢や目標は、日々過ごしていく中でだんだんわかってくる」

という2点。

 

 

言い換えると

「夢や目標は、抽象的に考えてもまず出てこない」

「夢や目標は、具体的な経験の中で徐々に見えてくる」

ということ。

 

要は、何かを始める前に最初から「夢」を持たなくてもいいということです。

 

〜〜〜〜〜〜〜

 

夢や目標がないと思っている人は、

全然気にしなくていい。

 

なぜなら、日々を過ごしていると、

向こうから「夢」とか「目標」がふと見えてくる出来事がやってくるからです。

 

行動している過程で唯一、

夢とか目標が見えてくるのです。

 

~~~

 

「出来事」は人それぞれです。

 

親が、急に体調を崩したとか。

上司が、急にいなくなったとか。

会社が、倒産したとか。

大切な人が、いなくなったとか。

 

何かが変わるきっかけは、

何かを得る時よりも、

何かを失っていくプロセスの中で訪れます。

 

 

とにかく、生きている限り、

ふとなんらかの変化がやって来て、自分の道筋を変えていく。

 

その過程で、「夢や目標」とかいうものが徐々に見えてくるのです。

 

~~~

 

だから、無理して「夢を持とう」「目標を明確にしよう」とか思わなくていい。

 

「自分探し」なんて、もってのほかです。

 

無理に何かを探すのをやめて、

自分自身の目の前の人生をひたむきに生きていればいいのです。

 

 

ではまた今度。

広告を非表示にする