読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

他人の目を気にしている時に、知っておくべき2つのこと

人間関係 孤独

なにかをやろうとするとき。

 
肯定する人もいれば、
否定する人もいます。
 
どんなことであっても、
それを良いと思う人もいれば、
受け入れない人もいます。
 
すべてのことが、そうです。
 
そして、そういう世界で自分は、
どのように選択をしていくか。
 
ここに差が出てきます。
 
〜〜〜〜〜
◆すべての人は、同じく陰陽を経験する
 
 
肯定と否定、
受容と拒否、
賛成と反対、
それは避けられません。
 
 
「批判されたらどうしよう・・」
「周りから嫌われたら・・」
「反応が怖いから・・・」
 
そういう思いは、少なからず抱きます。
 
ここからです。
 
陰陽は自分では解決できません。
 
原理原則です。
 
これは、自身では解決できない問題です。
 
この、自分では解決できない事象を前に、
立ち止まってしまうか、
「そういうものだ」と知って進んでいけるか。
 
まさにここが、差です。
 
「周りの目」という世界は、
自分ではコントロールできません。
 
その世界で、
「周りを気にしてやめた」という方向に向かうか、
「どんなことをしても賛成と反対はある。だから進もう」という方向に向かえるか。
 
自分が自分を一番止めていることに気付くことです。
 
〜〜〜〜〜〜
◆誰かが止めているのではない。自分が止めている。
 
 
結局、なにかをやるかやらないかは、自分の選択です。
 
外部要因はありません。
 
「周りの目が」というのは原因ではありません。
 
誰もコントロールできないものを原因にしていると、
一生なにもできません。
 
「みんなが賛同してくれるから」
なんて、一生来ないのです。
 
 
究極、100人に99人は反対します。
 
肯定は、しません。
 
それで、ちょうどいいのです。
 
自分のことは、自分の心が一番知っています。
 
それを、信じきることです。
 
〜〜〜〜〜
 
「ありのままで」という精神論を言いたいのではありません。
 
 
・すべてのことには「肯定と否定」が生ずる
・行動を止めているのは自分自身しかない
 
 
これを、言いたかったのです。
 
 
ではまた今度。 
広告を非表示にする