watoku 日々の気づき

同じものをみて、1気づくか、10気づくか、100気づくか。

仲間はずれにされたら、無駄な時間を過ごさなくてよくなったと思えばいい

ある本を読んでいて、高校生の相談がありました。

「学校で仲間はずれにされたのですが、どうすればいいのでしょうか」

これに対して著者の答えが素晴らしかった。


「よかったね。仲間はずれにされたなら、無駄な時間を過ごさなくてよくなったじゃない」

これ、いい答えだなと思いました。

〜〜〜〜〜〜〜〜
◆「人とつるむこと」「おつきあいの関係」は、時間がもったいない

ぼくも高校生の頃までは、
仲間はずれが嫌だったので周りに合わせたりしていました。

学校の帰りに数人で帰るとき、
「みんなで帰りに食べ放題の店いこうぜ。いくよね?」
といわれたら、行きたくなくても行ったりしました。

本当は、
家にご飯があるのに、
お金を使いたくないのに、 
あまりお腹空いていないのに。

周りの目を気にして、
本心では思ってもない方を選んでいました。


そして、本心を偽った後は常に、
「また自分自身を偽ってしまった」と、
自己嫌悪に陥るのでした。


「人とつるむこと」「おつきあいの関係」は、
時間がもったいないです。

「本当はやりたいこと」を捨てて、
「本当はやりたくないこと」に使わなければならないという、悔しさも感じます。

 

それから、自分を偽った虚しさが、常にあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜
◆自分を偽ると、自分が嫌いになる上に、自信がなくなる

自分が本来思っていることを捨てて、
思ってもないことを選んでいくとき。

「こんなことしたくなかったのに」
「本当はしたかったことができなかった」
「なんで思ってもないことを自分は選んでるんだろう」

こういうふうに感じます。

本来の自分自身から離れていくことが続くと、
自分が自分である実感を持てなくなって、
自分が嫌いになります。

自分が自分を「いいね」と思えない時、
自己肯定感が持てなくなった時、
自分に意義を感じられなくなります。

「自分である」という、
人間の最後の自由を放棄したとき、
そこには「虚しさ」とか「自己嫌悪感」しかありません。

その状態ではなにをやっても、
幸せは感じられません。

「自分」から離れている状態で生きるとき、
本質的な幸せは、味わえません。

周りに合わせて自分を捨ててしまっては、けっして幸せには生きられないんです。

〜〜〜〜〜〜〜〜
◆「自分でいられる」人と居ること

どんなに表面上の「ナカマ」が増えたとしても、
「本来の自分ではない」状態では、
何の意味もなさないのです。


最も安定した状態は、
「自分が自分でいられるとき」です。

「自分が自分でいられる」人との関係をたった一人でいいから持つことです。

「本来の自分でいても、いいと思ってくれる人が居るんだ」
この実感が持てているとき、自信がわいてきます。

胸を張っていられます。

少なくとも、表面上の「ナカマ」集めをするなんて、
考えもしなくなります。

自分と、たったひとりとの関係にある、
心の充実感を知っているからです。

その他大勢との関係は、それがたとえ1000人であっても、
「自分でいられる1人との関係」には勝てないのです。


「自分でいられる1人との関係」を知ると、その他大勢は、いらないことを知ります。

〜〜〜
10代で「仲間はずれ」はきついかもしれない。

自分を保つだけのメンタルを持つのは難しいかもしれない。

でも、本当は、「その他大勢」でつるんでいる人は
もっときついんじゃないかな。

 

みんなきっと、無理をしているから。


学生の頃はいいけれど。
年を重ねていってもまだ「仲間はずれ」を恐れているとしたら。

それは大人ではない。

ずっと、周りの人から仲間はずれにされないようにと
びくびくしながら、自分の本心を偽りながら、過ごすことになる。

寂しい寂しいといって、過ごさないといけなくなる。


最も不幸なのは、
「心から充実を感じる人」との関係を持てないまま終わること。

それは、自分が一生のうちに出会うべき人に対して、
失礼です。

〜〜〜〜〜〜〜〜
◆出会うべき人に出会うには、まず、ひとりになること

ほんとうに大切な人との出会いを果たすことが、
人生では必要です。

そのためにはまず、ひとりになることです。

「仲間はずれ」を恐れないことです。


出会いの前には、
必ず「ひとり」の時期があります。

その機会を持つことです。

「仲間はずれ」を怖がっていたら、
「出会うべき人」は見えなくなります。

できるだけ早い段階で、
「ひとり」を経験した方がいい。

もし、40代になっても、
精神的に「ひとり」である経験をしなかったとしたら、
猛烈に寂しい人生になります。

 

ずっと「仲間はずれ」を恐れる人生なんて。


「心つながった人」と一度も出会わないまま、
大勢との関わりに終始するなんて。

 

それは、つらすぎます。


心の潤いは、
「自分が自分である」中で、
「そんなあなたがいい」という人がいる時に生まれます。


「仲間はずれ」なんてぜんぜん怖くないことに、
早いうちに気付くことです。

 

「ひとり」になれるのは、幸運なのです。

 


ではまた今度。

広告を非表示にする